【Noita レビュー】魔法の杖+液体の化学変化が楽しいアクションゲーム

ゲームレビュー

科学の実験、それは男のロマン。
液体と液体を混ぜ合わることで、時に色が変わり、時に固体になり、時に爆発する。
小学生のころ、毎月購読していた学研の『科学』の付録を楽しみにしていたことを思い出す…。

さて、今回レビューするのは、そんな化学変化が楽しめるゲーム『Noita』である。
2020年Steamアワード「最も革新的なゲームプレイ」にもノミネートされた本作。
液体に魔法の杖の効果をぶち込むと一体どんな変化が起こるのだろうか。

スポンサーリンク

Noitaをざっくり解説

タイトル:Noita(ノイタ)
価格:2,050円
ジャンル:2Dアクション
プラットフォーム:Steam

Save 25% on Noita on Steam
Noita is a magical action roguelite set in a world where every pixel is physically simulated. Fight, explore, melt, burn, freeze and evaporate your way through ...

『Noita』は魔術師らしき人物が不思議なダンジョンを旅する2Dドットのアクションゲーム。

ダンジョン内には危険がいっぱい。
魔術師の命を狙う敵が無数に徘徊し、毒やオイルといったデバフを引き起こす液体や爆発物などの罠の数々が待ち受けている。

魔法の杖から放つことができる魔法には様々な特性がある

魔術師の武器は魔法の杖とポーション。
最初から杖2本とポーション1本を所持しており、道中でも拾うことができる。

初期から持っている杖や道中拾う杖にはあらかじめ魔法がセットされており、使うとセットされている魔法が発動する。
つまり、杖によって使う魔法は決まっているわけだ。
セットされている魔法は道中の休憩所内で入れ替えできたりもする。

酸の沼は水で無害化できる

ポーションとは水、酸、オイルなど何らかの液体で満たされた瓶のこと。
飲んだり、こぼしたり、そのまま投げつけたりして使うことができ、瓶が残っている限りは、別の液体を入れることもできる。
敵への攻撃手段になる他、自身のバフに使ったり、進みづらい道を切り開くなど様々な用途に使える。

ピンクの輪に入ると「聖なる山」という休憩所で、回復や杖の購入、スキルの取得などができる

プレイヤーは杖やポーション、アクションテクニックを駆使して、無事に魔術師を最下層まで連れていくことが目的だ。
1回死んだらライブラリー以外引き継ぎなしで、再び最初から再スタートとなりダンジョン内も変化するため、難易度はかなり高い。

ド派手な化学変化が楽しい

最初のステージは木の板が多く延焼しやすい

本作の最大の売りでもある化学変化、これがとにかく楽しい。

オイルの液体に爆弾を召喚する魔法を撃ち込むと、大爆発を起こし、周りの木にも引火して更に大火事になる…というようなステージの形自体を変えてしまうようなギミックが至るところに用意されている。
これを活用すれば、大幅にステージをショートカットできたり、敵をまとめて片づけたりすることも簡単だ。

そうでなくても、ついつい燃やせるものは燃やしたり、酸で無駄に穴を開けてみたりと、序盤はついつい遊んでみたくなる。
しかし、油断すると予想もしない化学変化でプレイヤーも巻き添えを食らってあの世行きになるため、ご利用は計画的に。

ちなみに、攻略のヒント。
「毒の水たまりは水を入れると中和されて水になる」これだけは覚えておいて損はない。

ランダム要素でリプレイ性が高い

死亡すると今回のリザルトが表示される。新記録を目指そう!

手に入る杖やポーションはランダム(初期から持っているアイテムさえいくつかパターンがある)で、ダンジョンも入るたびに構造が変化するローグライクゲームでもある本作。
弱い杖でヒーヒー言いながら進んだり、いきなり強めの杖をゲットして敵を蹂躙したり、新しい杖を試し撃ちして自滅したりと、毎回新鮮な気持ちでプレイできる。
杖の効果やアイテム、敵の種類も豊富でライブラリーを全て埋めるのも大変なレベルだ。

かなりの死にゲーで死んでまた1からとなると、ゲンナリしてしまいそうなものだが、再チャレンジがすぐにできることも相まって、一度ハマるとついつい何時間もプレイしてしまう魔力がある。

アクションの出来はあまり良くない

杖のステータスや効果などが最初は分かりにくい(というか私も未だによく分かってない)

『Noita』は良い部分、悪い部分がはっきりとしている。
ここまで書いてきたようにこのゲームでしか味わえないオリジナリティは素晴らしい。

しかし、アクションゲームとしてキャラクターを動かす楽しさはイマイチ。
キャラクターの動きはモッサリしているし、変な壁に埋もれて動けなくなることもしばしば。
私はコントローラーを使用して遊んでいるが、魔法の照準も合わせにくい。

アクションとしては割とストレスフルなため、特にゲームを始めてすぐは面白さを感じにくいかもしれない。

何度か起動してからが本番!

慣れてくると探索が楽しく、何時間でも遊べる

アクションとしては結構粗削りだし、杖やポーションなどの効果もわかりづらいため、最初はとっつきにくい。
ひょっとしたら理不尽に死にまくって「なんだこのクソゲー」と思うかもしれない。
しかし、本作ならではのルールを覚え、とっつきにくさを乗り越えると、どんどん楽しくなってくる。
最初の数時間をどう乗り越えるかが勝負かもしれない。

個人的にはアクションと言っても、マリオのようにサクサク進むタイプのゲームではなく、どちらかというとじっくり進むアクションだと思う(進もうと思えばサクサク進めなくもないが)。
ローグライクゲームや探索型アクションが好きな人に特にオススメしたい。

Save 25% on Noita on Steam
Noita is a magical action roguelite set in a world where every pixel is physically simulated. Fight, explore, melt, burn, freeze and evaporate your way through ...

コメント

タイトルとURLをコピーしました