【MTGアリーナ】ミシックに到達成功したデッキリスト公開!【2021年2月シーズン】

MTGアリーナ

「MTGアリーナ」攻略第4回。
これまで攻略というよりも初歩的な解説ばかりだったが、今回は初めて攻略っぽい情報を出してみたい。

というのも2月シーズン、初めて構築ランク「ミシック(最上位)」に到達することができたからだ。
今回は私がミシックに到達するまでに使用して、そこそこ強かったリスト3種類を大公開したいと思う。

ちなみにそれっぽくサイドボードも作っているが、私はランク戦(BO1)のみでマッチ戦(BO3)は全くプレイしていないため、実際に使えるサイドなのかは未知数だ。
BO3も今後少しずつチャレンジしていきたいところではある。

スポンサーリンク

パワーとドローが命!「イゼット(青赤)巨人」デッキ

インポート用

メイン
4 砕骨の巨人 (ELD) 115
3 氷結する火炎、エーガー (KHM) 200
2 結晶の巨人 (IKO) 234
4 災厄を携える者 (KHM) 125
4 揺れ招き (KHM) 145
2 巨人の護符 (KHM) 59
2 否認 (ZNR) 71
4 星界の瞥見 (KHM) 60
2 巨人たちの侵略 (KHM) 215
4 圧死 (KHM) 152
2 霜と火の戦い (KHM) 204
1 エンバレスの宝剣 (ELD) 120
10 山 (SLD) 106
1 エンバレス城 (ELD) 239
1 セルトランドの凍炎 (KHM) 271
6 島 (AKR) 307
1 ヴァントレス城 (ELD) 242
3 河川滑りの小道 (ZNR) 264
2 光輝の泉 (M21) 248
2 寓話の小道 (ELD) 244

サイドボード
1 急嵐のトリクス (THB) 76
2 黄金架のドラゴン (KHM) 139
1 竜巻の召喚士 (KHM) 52
2 風化したルーン石 (KHM) 247
2 火の予言 (IKO) 116
1 投げ飛ばし (ELD) 126
2 軽蔑的な一撃 (GRN) 37
2 多元宇宙の警告 (KHM) 46
2 巨人の掌握 (KHM) 384

便利な「砕骨の巨人」、たまに禁呪がつくと除去されにくくなる「結晶の巨人」、そして巨人のパワーの2倍ダメージを与えられるようになる「災厄を携える者」といったクリーチャーを展開し、巨人のパワーで一気に相手ライフを削りきるデッキ。

サイドプランとしては、盤面を巨人で膠着させつつ、「揺れ招き」で継続的に2点(災厄を携える者」が盤面にいれば4点!)ダメージを与え続けるという方法もある。

「異界の瞥見」や「巨人たちの侵略」、「エーガー」+「圧死」のコンボによって、意外とカードドローはスムーズで手札に困ることは少ない。
相手が大量のブロッククリーチャーを出してきても「霜と火の戦い」で敵を一掃しつつ攻撃できるなど、意外と器用に立ち回れるデッキである。

「カルドハイム」の実装直後にこのデッキを組んだ時には勝率が8割くらいあり、「やべっ、これはミシック一直線じゃね?」とか思っていた。

※「MTGアリーナ」内の勝率やカード収集率は以下のソフトをダウンロード&登録することでチェックできる。

https://mtga.untapped.gg/

しかしその後「ティムール根本原理(青緑黒のコントロールデッキ)」など絶対にクリーチャーを残してくれないデッキや、白単アグロ(破壊不能クリーチャー入り)などのデッキに全然勝てなくなっていった。

特にダイヤモンド帯になってからは、やたら相手のデッキにクリーチャー除去が多いため、1体でも巨人が盤面にいないと行動が制限されてしまうこのデッキは、かなりキツイ状態に。

こちらも「巨人の護符」が入れるなどの対策をしたが、それでもしんどいためにランク戦ではお蔵入りになった。
ディミーアローグ(青黒のライブラリーアウトを狙うデッキ)や赤単アグロなどのデッキには有利なため、ゴールドやエメラルド帯、BO1のプレイではまだそこそこやれる、はず。

相手のカード奪い取れ!「ターグリッド」デッキ

インポート用

メイン
4 無私の救助犬 (M21) 36
4 古牙の信奉者 (KHM) 93
4 収得の熟練者 (ZNR) 89
4 夢の巣のルールス (IKO) 226
3 悪ふざけの名人、ランクル (ELD) 101
1 戦闘の神、ハルヴァール (KHM) 15
4 恐怖の神、ターグリッド (KHM) 112
2 村の儀式 (M21) 126
2 ファリカの献杯 (THB) 111
1 遺跡の碑文 (ZNR) 108
3 魂の粉砕 (ZNR) 127
2 頭蓋の奇襲 (KHM) 111
2 予言された壊滅 (ELD) 187
4 平地 (KHM) 394
9 沼 (SLD) 105
2 ロークスワイン城 (ELD) 241
4 陽光昇りの小道 (ZNR) 259
2 静寂の神殿 (M21) 255
1 タイライトの聖域 (KHM) 272
2 寓話の小道 (ELD) 244

サイドボード
2 巨人落とし (ELD) 14
1 スカイクレイブの亡霊 (ZNR) 39
2 傑士の神、レーデイン (KHM) 21
1 栄光の探索 (KHM) 27
2 エルズペスの悪夢 (THB) 91
2 空の粉砕 (THB) 37
2 裏切る恵み (THB) 117
2 エルズペス、死に打ち勝つ (THB) 13
1 ヘリオッドの介入 (THB) 19

こちらも「カルドハイム」実装直後から使っているデッキ。
デッキ名からもわかる通り、「恐怖の神、ターグリッド」の能力が使いたくて作ったデッキである。

序盤は「古牙の信奉者」「収得の熟練者」「悪ふざけの名人、ランクル」などで相手の手札を捨てさせて、行動を制限し、ペチペチとダメージを与えていく。
それに耐えかねた相手がクリーチャー除去などを使っている隙に「無私の救助犬」とセットで「恐怖の神、ターグリッド」を召喚。
以降は召喚されたカードや手札を捨てさせ、どんどんこちらの盤面に引き込んでいくというプランである。

ただ、このような展開になることはほぼなく、相手の手札を捨てさせて行動を制限していく間に、「夢の巣のルールス」+「無私の救助犬」の無限破壊不能コンボなどで勝つパターンが多かった。
ターグリッドは基本裏面で出した方が活きるという本末転倒なことに…。

このデッキは割と運ゲーで、最初の手札に「牙の信奉者」「収得の熟練者」がどれくらい来てくれるかで大体勝負が決まる。
最初の手札にこれらがないと、先に相手が自由に動けてしまい、ほぼ何もできないままに終わってしまう。
上手く回ればダイヤモンド帯でも勝てることがあるが、結局勝率は5割程度といったところだ。

墓地利用でガシガシ削れ!「ラクドス(赤黒)巨人」デッキ

インポート用

メイン
3 ぬかるみのトリトン (THB) 105
4 死の飢えのタイタン、クロクサ (THB) 221
2 死の神、イーガン (KHM) 92
2 結晶の巨人 (IKO) 234
4 災厄を携える者 (KHM) 125
4 揺れ招き (KHM) 145
2 血の長の渇き (ZNR) 94
2 安堵の再会 (IKO) 110
2 エルズペスの悪夢 (THB) 91
3 ティマレット、死者を呼び出す (THB) 118
2 魂の粉砕 (ZNR) 127
4 雪上の血痕 (KHM) 79
9 冠雪の山 (KHM) 283
9 冠雪の沼 (KHM) 280
2 ロークスワイン城 (ELD) 241
2 硫黄のぬかるみ (KHM) 270
4 寓話の小道 (ELD) 246

サイドボード
2 ドローガーの屍術師 (KHM) 86
2 切り裂かれた帆 (IKO) 136
4 大群への給餌 (ZNR) 102
2 魂焦がし (M21) 160
1 激しい恐怖 (KHM) 82
2 食らいつくし (THB) 90
1 影の評決 (ZNR) 124
1 エンバレスの宝剣 (ELD) 120

ダイヤモンド帯に行ってから全然勝てず、勝てるデッキを探し求めてたどり着いたのが「赤黒巨人」デッキである。

コンセプトは「青赤巨人」でも使っていた「揺れ招き」を自ら墓地に落として、盤面には墓地にカードさえあれば何度も蘇ることができる「死の飢えのタイタン、クロクサ」や「災厄を携える者」で固めるといったもの。
「安堵の再開」「ティマレット、死者を呼び出す」「死の玉座(イーガンの裏面)」といった自分の墓地を切削するカードが多めに含まれていて、墓地のカード枚数に困ることはない。
比較的重いカードが多いため、序盤は押される展開も多いが、除去や軽いクリーチャーで凌ぎながら6マナ溜めて、「雪上の血痕」で一発逆転も可能だ。

墓地利用するため、ディミーアローグにはめっぽう強く、赤単などの早いデッキにも比較的強い、ティムール根本原理にも運が良ければ勝てる、というように割と弱点となるデッキは少ないが、クリーチャーが一切出てこないヨーリオンエンチャントデッキや墓地対策が万全なデッキは苦手。

勝率はダイヤモンド帯で33勝18敗の65%なので、なかなかではなかろうか。
下のランク帯ではディミーアローグの比率が多いイメージがあるため、もっと勝率は良くなると思われる。
今後墓地対策がしっかりしたデッキが増えると勝ちにくくなると思うが、3月シーズンはどうなることやら…。

上の画像を見てもわかる通り、他にも色んなデッキを使っていたが、クソみたいな勝率なものも多い(プレイではそこそこ白単デッキとかも勝てるんだけどね)。
そんな中でそこそこ勝率の良いデッキを作り出すことができると本当に嬉しいものだ。

皆様も色んな試行錯誤して、勝てるデッキを作り上げてみてほしい。

コメント

タイトルとURLをコピーしました