【Loop Hero】カードにない地形の変化・出現条件一覧【攻略】

Loop Hero

前回レビューした「Loop Hero」の攻略記事第1回。

前回のレビュー記事はこちら↓

遠征中に「あれ?こんなところにこんな地形置いてなかったのに…」「あれ、ここに置いた地形こんなのだっけ?」ということが起こる。
これはカードの並べ方やその他の条件によって出現するカード化されていない地形である。

私はようやく全地形をアンロックすることができたので、今回はそんなカードにないにも関わらず、突然出てくる特殊な地形の変化条件・出現条件をまとめてみることにする。
(ついでに特殊地形から出てくるモンスターも!)

スポンサーリンク

ロード上に出現する特殊地形

荒野

荒野はゲーム開始時の何も置いていない状態の道のこと。
これもカード化されてないっちゃされてないので、一応紹介しておく。
ここで登場するモンスターはみんなおなじみ「スライム」だ。

血の道

ロードサイドカード「戦場」の宝箱出現範囲が重なるように2つ以上置くことで、重なった範囲が「血の道」に変化する。

ここで登場するモンスターは「ブラッドクロッド」。
割と強敵なので、出現させる際には注意しよう。

荒らされた村

ロードカード「村」を置いた隣のロードサイドに「ヴァンパイアの館」を置くことで村が「荒らされた村」に変化する。
ここでは普通の村のように回復してもらえず、クエストも出現しない。

代わりにヴァンパイア+グール4体が毎ループごとに出現する。
敵の数が多いのでなかなか厄介だが、多くの敵を倒すことでもらえる「拡張のオーブ」集めにはいいかもしれない。
3ループ経過すると、更に下の「支配下の村」に変化する。

支配下の村

「荒らされた村」を3回通り過ぎる(3ループ経過する)ことで「支配下の村」に変化する。
この地形になるとグールの姿はなくなり、通常の「村」のように回復してもらえる他、通常よりも報酬の良いクエストが受けられるようになる。

グール×4が凌げるようであれば狙ってみる価値はあるだろう。

ニセ村

景色カード「森」「雑木林」を10個置くごとに出現する。
ニセなので、当然回復もクエストも受けられない。

ここでは主人公の攻撃を全てカウンターしてくる「ウッドウォリアー」が出現する。
クラスがウォリアーなどの場合、思わぬ苦戦を強いられることもある。
ウッドウォリアーが嫌なら「忘却」で消すことも検討しよう。

生い茂った畑

「ニセ村」の隣接するロードに「麦畑」を設置すると「生い茂った畑」に変化する。

通常の麦畑でも登場する「スケアクロウ」に加えて、余った敵の枠分「ブレードフィールド」が出現する。
「ブレードフィールド」は最初の攻撃が必中クリティカルで200%ダメージを食らうため、3~4体登場した場合「ウッドウォリアー」以上に事故死しやすい。
「ニセ村」の横に麦畑を置くのはなるべく避けるべきだろう。

ロードを横切るように景色カード「川」を置くとロード上の地形が「橋」に変化する。
それ以外の特殊な効果は特にない。

ロードサイドに出現する特殊地形

ゴブリンのキャンプ

景色カード「岩」「山」を10個以上置くごとに「ゴブリンのキャンプ」が出現し、隣のロード上に「ゴブリンリーダー」「ゴブリン」が出てくるようになる。

ゴブリンは毎日出現するため、1ループ中に4匹出現していることが多く、攻撃速度も速いため、場合によってはボコボコにされることも。
回避を上げたり、回復力を上げる、他の味方を攻撃させるなど対策を立てて挑もう。

ゴブリンの塔

「ゴブリンのキャンプ」と出現条件は同じだが、「沼」の隣にゴブリンキャンプが出現すると、「ゴブリンの塔」になる。

こちらは隣接するマスで戦闘になった際、「ゴブリンアーチャー」が出現する。
ゴブリンアーチャーは直接攻撃することができず、攻撃を一方的に仕掛けられる厄介な敵。
他の敵を倒すことで戦闘終了となるため、なるべく被害を受ける前に片づけたい。

盗賊のキャンプ

ロードカード「村」を2つ置くごとに、村の隣に「盗賊のキャンプ」が出現。

盗賊のキャンプが出現すると、隣にある村に「バンディッド」が出現するようになる。
まれに装備中のアイテムを破壊してくるので、良い装備で挑むほど厄介な敵だ。

飢えた木立

通常ロードカード「木立」の隣にのみ置ける「血の木立」。
しかし「忘却」を使って木立を消すなど、何らかの理由で血の木立の隣のタイルに木立がない場合、「植えた木立」に変化する。
(忘却を使わなくても、木立・血の木立の置き方次第で植えた木立に変化させることが可能)

飢えた木立の隣接するタイルで戦闘になると、時々主人公を攻撃してくる他、HPが少ない(20%以下)の敵を飲み込む。

荒れた書庫

ロードサイドカード「書庫」は隣のロードを通る際、1度に3枚まで持っているカードをシャッフルする効果がある。
その書庫によるカードシャッフルを合計20枚分行うと、「荒れた書庫」に変化する。

荒れた書庫に変化すると、カードシャッフルができなくなり、代わりに近くの敵と戦う際に「トーム」というエネミーが出現するようになる。
トームは開幕味方にエナジーシールドを張るなど少々厄介な敵だが、貴重なリソースを落とす敵でもあるため、リソース狙いで荒れた書庫に変化させるのもあり。

難破船

景色カード「川」の隣にロードサイドカード「戦場」を設置すると、戦場が「難破船」に変化する。

難破船に隣接するロードでは「セイレーン」が出現するようになる。

アシ

景色カード「川」をロードサイドに設置すると川が「アシ」に変化する。

アシに隣接するロードでは「フィッシュマン」が出現するようになる。

景色に登場する特殊地形

花の牧草地

景色カード「牧草地」の隣接するタイルに牧草地以外があると、「花の牧草地」に変化する。

牧草地が毎日の初めにHP2回復なのに対し、花の牧草地はHP3回復と純粋に効果が大きくなるため、なるべくこの変化状態で設置できるようにしたい。

山頂

景色カード「山」「岩」を3×3の正方形の形で並べると、「山頂」に変化する。
HP+48%に加え、隣接する山・岩タイル1つにつきHP+2%とHPの大幅な底上げができる。
ただし、1回の遠征で1つしか作れない制限がある。

山頂に変化させると、敵としてランダムなロードに「ハーピー」が出現するようになる。

オアシス

景色カード「砂丘」「砂漠」の隣に「川」を設置すると、川が「オアシス」に変化する。
ヒーローの攻撃速度-0.5%、他のクリーチャーの攻撃速度-1%の効果がある。

相対的に主人公に有利になるが、攻撃速度に関しては「森」「雑木林」の方が効果が高いため、わざわざオアシスにする必要があるかは微妙なところだ。

焼けた森

特殊カード「嵐の神殿」の範囲内に景色カード「森」「雑木林」を設置することで、森・雑木林が「焼けた森」に変化する。
森・雑木林が攻撃速度アップ(それぞれ+0.5%、+1%)なのに対し、焼けた森はマジックダメージ+0.5%と全く違う性能に変化する。

景色カード「町はずれ」の四方を「町はずれで囲むことで、「町」に変化。
町はずれが敵を倒した際のEXP+1%なのに対し、町はEXP+2%と倍の効果になる。

その他の特殊地形

空の宝物庫

特殊カード「宝物庫」を、斜めも含む全方位取り囲むことで、宝物庫が開かれて大量のリソースがゲットできる。
その宝物庫は「空の宝物庫」に変化し、ランダムなロードにガーゴイルが出現するようになる。

リッチの宮殿

1章にてボス出現タイミングでたき火周りに出現するタイル。
宮殿1つにつき、ボス「リッチ」のHPと攻撃力がそれぞれ+5%される。

「忘却」でリッチの宮殿を1つでも多く消すことでリッチ戦が楽になる。

ちなみに今回詳しく紹介していないカード化している土地は、ほぼ拠点の建築やアップグレードで入手することができる。
拠点画面でも何を建築すれば(何をアップグレードすれば)カードが入手できるか説明されているため、特に迷うことはないはず。
ただし、「時間の灯台」だけは1回の遠征で12ループ以上することがアンロック条件となっている。


頑張れば1章クリア前でも全ての土地をアンロックすることが可能だ(後の章になるほど持ち帰れるリソースが増えるため、クリアしていく方が楽だけど)。

さて、次回はそんな建築などで使用するちょっと手に入りにくいオーブの入手方法について解説したいと思う。

コメント

タイトルとURLをコピーしました