【Loop Hero】入手しづらいリソースの簡単な獲得方法【攻略】

Loop Hero

「Loop Hero」攻略第2回。

この作品では遠征中に集めたリソースを使って拠点の建築等を行い、主人公を少しずつ強化していくのだが、その肝心のリソースがどういう時に入手できるのか、序盤は少し分かりづらい部分がある。
そこで今回はリソース(資材)の入手条件と、特に数に困る可能性のある、3つのリソースの入手方法を紹介したい。

スポンサーリンク

リソースを入手できるタイミングは?

遠征中にリソースを入手するタイミングは主に以下のタイミングがある。

  • 地形カードを置いた時
  • 置いた地形カードの上を通った時
  • カードのシナジー等で地形が変化した時
  • カードやアイテムの所持上限を超えて、破棄された時
  • 敵を倒した時
  • ボスを倒した時(大量のリソースがゲットできる)

リソースを入手したときには、入手したリソースを表すアイコンがピコンと出てきて、画面上部の鞄の中に吸い込まれる演出がある。

鞄アイコンをクリックすると、それまで入手したリソースや物資が画面上部に表示される

また、その鞄アイコンをクリックすれば、現在までに入手しているリソース(や物資)一覧を確認することも可能だ。
章によって入手できるリソースには上限があるので、(例えば1章の場合、リソースは1種類につき最大10個までしか持ち帰ればい)、確認しながら帰還するタイミングを考えると良いだろう。

「安定した鉄」の入手方法

序盤、プレイの仕方によって、多少入手に苦労するのが、「安定した鉄」である。
序盤の建築に大量に必要になる上、安定した鉄の素材となる鉄くず(13個集めることで安定した鉄になる)は宝物庫からのドロップ以外、地形や敵から落とす機会が非常に少ないからだ。

鉄くずはこの他に「アイテムの所持上限を超えて廃棄された時」にも入手することができるが、初期クラスのウォリアーを使っていると、ドロップが安定せずなかなかアイテム上限を超えるのは時間がかかる。

ローグなら1ループするごとに鉄くずを大量ゲットできる

そこで、鉄くず集めには、拠点に「避難所」を建てることでアンロックされるローグを使うのが手っ取り早い。

ローグは敵からアイテムをドロップしない代わりに、たき火でアイテムと交換できるトロフィーを敵1体を倒すごとに1つ入手することができる。
つまり1ループに12匹以上の敵を倒していれば、それだけでアイテム欄がフルで埋めることができるのだ。

毎ループごとに使っていないアイテムが大量に破棄されるため、鉄くず集めにはもってこい。
安定した鉄に困るようなら、優先して「避難所」を建て、ローグをアンロックすると良いだろう。

「拡張のオーブ」の入手方法

中盤以降の建築で非常にネックになるのが「拡張のオーブ」である。
色んな建築で使用する上、要求される数も多い。

そして、何より大変なのが、「1回の戦闘で敵4体以上を倒すことでランダムドロップ」という拡張のオーブの入手条件である。
実は1度に4体の敵を倒しても、拡張のオーブはほとんどドロップしない。
5体集めてようやくそこそこドロップするようになる。

4体以上の敵を安定的に出現させ、倒す対策が必要

定期的に1か所に敵を5体集める方法はいくつかあるが、個人的にオススメなのは「クモの巣」+「ヴァンパイアの館」の組み合わせで5体沸きさせる方法だ。
沸きが早い敵としては、他にもゴブリンやスコーチワームなどがいるが、これらの敵よりもクモは弱めで倒しやすく、ヴァンパイアも乱入する敵の中では弱い部類のため、安定して倒しやすい。
村+ヴァンパイアの館でグール4匹+ヴァンパイアという組み合わせもそこそこ倒しやすいが、こちらは3ループのみと回数制限があるため、微妙。

1ループで4~5か所くらいにこのような大量沸きポイントを作っておき、安定して倒せれば、所持制限上限まで拡張のオーブを集めて帰還するのもそう難しくないはずだ。

「星のオーブ」の入手方法

恐らくリソースの中で集めるのが最も難しいのが「星のオーブ」だろう。
星のオーブは「時の欠片」を10個集めることで入手できるが、その時の欠片をドロップする敵が

  • ボス系
  • 魔法使い系
  • コズミック系

となっている。
この中でボスは1回の遠征で1回しか戦えないため、時の欠片集めには向いていない(最低10回は遠征しないと星のオーブが入手できない)。

では魔法使い系・コズミック系の敵とはどの敵を指すのだろうか?
それは以下の4体を指す。

  • 「書庫」設置後、20枚以上カードをシャッフルさせて書庫を「荒れた書庫」に変化させると登場するようになるトーム
  • トームが出現するエリア内に「ヴァンパイアの館」がある場合登場するヴァンパイアメイジ
  • 「時間の灯台」を設置することで登場するウォッチャー、トームが出現するエリア内に時間の灯台のエリアが重なっていると出現するウォッチャーメイジ
トームは戦闘開始時に敵全体にエナジーシールドを張る厄介な敵だが、リターンも大きい

どの敵も少々特殊な出現条件があり、まずは書庫を「荒れた書庫」にしないことには始まらない。
(ウォッチャーのみ「時間の灯台」で出現するが、すぐに逃げられてしまい、倒しにくいためオススメしない)

そこで書庫に毎ループ3枚ずつ(可能なら書庫を角に置いて6枚)要らないカードをシャッフルさせ、一気にトームの出現条件を満たし、トームを積極的に狩っていこう。
更に近くにヴァンパイアの館や、時間の灯台を設置することで、時の欠片をドロップする敵を増やすことができる。

これらの敵は結構強いので、調子に乗って設置しすぎると死んでしまうリスクもあるが、上手くいけば星のオーブを3つ以上確保することが可能だ。
そして、星のオーブを3つ確保できれば、後はこれらの敵を狙わずとももっと簡単に増やしていける。

錬金術師のテントを建設すれば後はどうとでもなる

錬金術が使えるようになれば貴重なリソースも気兼ねなく使えるようになる

錬金術師のテントは、建築ツリーの最後の方で建てられるようになる建築物である。
この建物の設置には星のオーブを2つ要求されるが、無事に建築できると、今後は他のリソースを分解して、欲しいリソースに合成しなおすということが可能になる。

例えば余りがちな安定した木材を大量に分解し、星のオーブに作り替えるなんてこともできる。
(ただし、1度そのリソースを分解しないと合成することができないため、星のオーブも分解用に1つ持っておかなければならない。星のオーブは錬金術師のテント建築用に2つ、分解用に1つ用意しておこう。)

こうなれば、拡張のオーブも星のオーブも簡単に入手できるようになるため、自分の好きなクラス・カードの組み合わせで遠征してもリソースには困らなくなる。
なので、建築はアップグレードや同じ建築物を複数建てるよりも、建築ツリーを進めることを優先していこう。

次回はそれぞれのクラスの特徴やアイテムの選び方について書いてみたい。

コメント

タイトルとURLをコピーしました