【Slay the Spire】サイレントの特徴とオススメデッキ【攻略】

Slay the Spire

「Slay the Spire」攻略第2回。
前回はアイアンクラッドについて解説した。

今回は2人目のキャラクター、サイレントの特徴やデッキ構築例を紹介する。

スポンサーリンク

サイレントの特徴

サイレントはアイアンクラッドで1度塔に潜ることでアンロックされる、2人目のキャラクターだ。
全キャラクターで最もHPが低く、アタックカードのダメージも低めに設定されているなど、弱そうに見える部分もあるが、もちろんその分の強みもある。

サイレントの特徴として挙げられるのは以下の3つである。

  • 強力な毒を与えられるカードが多い
  • ブロックを得るカードが多く、それぞれに特徴がある
  • ドローが豊富でデッキを回しやすい

サイレントはスキルカードが36種と他の種類のカードに比べて圧倒的に多く、上記の特徴もほとんどがスキルカードの効果によるものである。

それゆえ、サイレントは必然的にスキルカードが中心のデッキとなる。
場合によってはアタックカードすら1枚もないデッキを作ることが可能で、アタックすることによって反撃を受けるタイプには滅法強い。
逆に「スキルカードを使うごとに強くなる敵や状態異常カードを入れてくる敵」には若干分が悪く、得意な敵・苦手な敵がはっきりしているキャラクターだ。

初期レリックは戦闘開始時に追加で2枚のカードを引く効果を持つ「蛇の指輪」。
効果は通常レリック並で、他のキャラクターの初期レリックに比べて生命線と言えるような性能でもないため、最初にボスレリックと交換してしまうのもアリだ。

デッキ構築の例

ここからはサイレントのデッキ構築の一例を紹介したい。
ここでは4つのデッキ構築例を紹介するが、特徴を併せ持つ、「毒殺+ナイフデッキ」などのデッキも一部作成可能だ。

毒殺デッキ

サイレントが得意とする「毒」とは、相手の体力を攻撃せずとも徐々に減らすことができる状態異常である。
例えば毒5を敵に与えた場合、次の敵のターンに5ダメージ、次のターンに4ダメージ、その次のターンに3ダメージ…というように継続してダメージを与えていく。
ターン経過ごとに1ダメージずつ減っていき、0になると毒のダメージは止まるが、毒は追加で与えることもでき、毒5の時に毒3を与えると毒8になる。

毒殺デッキはこのような性質を持つ毒に攻撃を全て委ねるデッキである。
そのため、「ストライク」などのアタックカードはなるべく除去し、デッキ内は「毒を与えられるカードと、ブロックを得られるカードを入れていく。

中でも特に重要なのは「有毒ガス」と「触媒」。
「有毒ガス」は毎ターン毒2(アップグレードで毒3)ずつ与えられるパワーカードで、使ってしまえば毎ターン与えるダメージが勝手に増えていく。
「触媒」は現在の毒の蓄積を2倍(アップグレードで3倍)にするスキルカードで、殲滅力が一気に上がる。
また複数の敵相手の場合は、「死体爆破」もあると1匹倒すだけで戦闘終了するため、非常に便利だ。

毒に関連したレリックとしては、倒した敵の毒を別の敵に付与することができる「標本サンプル」があるが、「死体爆破」があればそこまで必要ない。
むしろエナジーを増やすボスレリックやスキルカードを入手する時にアップグレード状態で入手できる「毒の卵」などの方が有用となるだろう。

ナイフデッキ

「剣の舞」や「外套と短剣」などサイレントの一部カードには、「ナイフ」というカードを生み出す効果を持つものが存在する。
「ナイフ」はダメージこそ4と小さいが、0エナジーで使えるカードであり、このナイフを活かして手数で攻めるデッキがナイフデッキである。

デッキの構成としては「剣の舞」「外套と短剣」のようなナイフを生み出せるカードの他、ナイフを強化するカード、その他ブロックを得るカードからなる。
ナイフを強化するカードとしては「精度上昇(ナイフが4の追加ダメージ)」、「猛毒の仕込み(アタックごとに毒1付与)」、」「とどめの一撃(このターンに使ったアタック×6ダメージを与える)」辺りが候補となるだろう。

ハマればかなり強いデッキではあるものの、問題は3面ボスのタイムイーター、ラスボスの心臓がカードを沢山使う系のデッキとかなり相性が悪いということである。
こればかりはどうしようもない…。
まぁ絶対に勝てないという訳でもないため、ナイフ系がそろうようなら力業で討伐を狙ってみるのもいいだろう。

相性の良いレリックはかなり多く、アタックを3枚プレイするごとに発動する「手裏剣」「クナイ」「扇子」や、戦闘開始時にナイフを手札に3枚加える「忍者の巻物」、カードを廃棄するたびに敵に3ダメージを与える「カロンの遺灰」などがある。
特に「手裏剣」や「クナイ」を入手できれば、一気にデッキの強さが底上げされるため、3面のボスがタイムイーターでないことを祈りつつ、ナイフデッキを狙ってみるのも手だ。

カード捨てシナジー

サイレントには「アクロバット」などカードを捨てることが条件になっているカードがある。
また、「このカードを捨てた時〇〇を得る」というカード、「このターンに捨てたカード枚数に応じて〇〇する」というカードも存在するため、このシナジーを活かして戦うカード捨てシナジーというデッキも作成することができる。

カード捨てシナジーでの主力となるのが「腹裂き(7ダメージ×3を与える)」というカードである。
このカードは通常3エナジーのカードだが、1ターンの間に捨てたカード枚数に応じてエナジーが下がる性質を持っており、1ターンで3枚カードを捨てると0エナジーで使用することができる。

また、「策士」「反射」はカード自体を使用することができず、捨てることで初めて効果が発動するカードでこれらと組みあわせれば、デッキをグルグル回しながら1ターンに何度も「腹裂き」を撃つことが可能になる。
また最小限のカード枚数で確実にデッキが回せるようにすれば、永久ループも可能だ。
そこまでデッキを圧縮するのは至難の業だが、1度は狙ってみたいテクニカルなコンボデッキだ。

レリックの中にはカードを捨てるたびに3ダメージを与える「ティンシャ」、カードを捨てるたびに3ブロックを得られる「丈夫な包帯」がある。
これらを取れれば完全な状態でなくても、そこそこ強い捨てシナジーデッキが作れるだろう。

グランドフィナーレデッキ

「グランドフィナーレ」というカードがある。
0エナジーで敵全体に50ダメージを与えるという全キャラクターの中でもぶっ壊れた性能を持つカードである。
しかし、カードを使う条件が「山札にカードがない時」に限定されており、この条件達成が通常ではなかなか難しく、使いこなすのが難しいカードとなっている。

しかし、デッキのカードが7枚以内(蛇の指輪所持の場合)であれば、最初のターンで確実に撃つことが可能で、1発撃ってしまえばほとんどの敵を葬れる。
そこで極限までデッキを圧縮し、HPの高いボス対策として、ドローカードを複数枚ピックするのが「ドローフィナーレ」デッキである。

理想的なデッキの例としては「グランドフィナーレ」×1「ディフレクト」×1、「職人芸」×2、「策士」×1という構成がある。
この内容であれば攻撃を反射する敵にも「ディフレクト」で対応しつつ、1ターンの間に何度もグランドフィナーレを放つことができ、心臓戦も1ターンキルが可能だ。

「グランドフィナーレ」を絡めたデッキはかなり運要素が強く、「ストライク」や「防御」カードが除去できないだけで破綻するため、デッキ作成難易度はかなり高い。
しかし、一度は狙ってみたいロマンデッキだ。

型にはまれば強いが、運が悪ければあっさり死んでしまうサイレント。
暗殺者とはそういうものなのかもしれない。

次回は機械人形であるディフェクトの特徴とデッキ構成例を紹介する。

コメント

タイトルとURLをコピーしました