【Slay the Spire】ディフェクトの特徴とオススメデッキ【攻略】

Slay the Spire

「Slay the Spire」攻略第3回。
前2回はこちら。

今回は3人目のキャラクター、ディフェクトの特徴やデッキ構築例を紹介する。

スポンサーリンク

ディフェクトの特徴

ディフェクトは3人目にアンロックされるキャラクター。

ディフェクトには「オーブ」と呼ばれる独自のシステムがある。
オーブはディフェクト周りに浮かぶ自律兵器で、ディフェクトのターン終了時、オーブの種類によって攻撃や防御・エナジー取得を行ってくれる。
初期状態では3つまで浮かべることができ、3つ以上オーブを生成すると、一番右側のオーブが消失するが、その時に“オーブ開放”状態となり、ターン終了時に発動する効果よりも高い効果が発生する。
ディフェクトはオーブがないと他のキャラクターの劣化となってしまうことも多く、オーブをうまく使いこなせるかどうかがとても重要いえるだろう。

また、パワーカードが多いことも特徴の1つ。
パワーカードで能力の底上げをし、オーブをフルで浮かべておくことができれば、かなり盤石な戦いを繰り広げることができる。
逆に準備ができていない時に脆く、特に戦闘の序盤に大きなダメージを受けてしまいがち。
パワーカードを使ってその後の戦いを楽にするか、ブロックで相手の攻撃をガードするか、その時々に応じて適切な判断が求められる。

ディフェクトは3エナジー以上の非常に重いカードがある一方、0エナジーで使用できるカードも多い。
取得するカードによっては、エナジーが足りなかったり、使い切れなかったりするため、ボスレリックを取得する際には、エナジーを増やすレリックを取るべきかどうか自分のデッキと相談して決めるようにしたい。

初期レリックの「ひび割れたコア」は戦闘開始時にライトニングオーブを1つ生成する効果があるレリックで、どんなデッキを作るにしろ序盤はとても頼りになる。
ただフロストオーブに特化したいなどと考えている場合は、ワンチャン「フローズンコア」やエナジーを増やすボスレリックと交換できるかもしれない、「初期レリック交換」を狙ってみるのもアリ…かもしれない。

デッキ構築の例

ここからはディフェクトのデッキ構築例を紹介する。
ここでは4つの構築例を紹介するが、ここまで尖った構成にせず、例えばライトニング+フロストデッキなど組み合わせるデッキの方が強い場合もあったりする。

ライトニング特化

敵にダメージを与えるオーブ「ライトニングオーブ」を軸にしたデッキ。
攻撃はほぼライトニングオーブに任せることにして、ライトニングを生み出すカード+ブロックを得られるカードでデッキを作り上げる。

ライトニングオーブは最初から所持し、アップグレードすれば0エナジーで使用できる「ザップ」があり、「静電放電」「電気力学」「ストーム」などのパワーカードと併用することで、戦闘では常にライトニングオーブを最大数持った状態で戦うことができる。
ライトニング特化する場合、特に「電気力学」は敵全体に毎回攻撃してくれるようになるため、是非とも欲しいところだ。

ライトニング特化は攻撃面で困ることは少ないが、問題となるのは防御面。
防御カードが充分に入っていないと、でかい攻撃1発ですぐに危機に陥ってしまう。
なるべく「強化ボディ」「自動防御盾」などブロックを大量に得られるカードを、オーブ生成カードよりも多めにピックするようにしよう。

比較的エナジーを多く使う構成のため、ボスレリックはエナジー増加のレリックを取りたいところ。
その他のレリックはやはり弱点であるブロックを稼げるもの(「錨」「ホーンクリート」など)を取っていきたい。

フロスト特化

ブロックを得ることができるフロストオーブを軸にしたデッキ。
ライトニングデッキと真逆で、オーブに防御面を任せて、自身のアタックカードで攻撃を行っていくため、フロストオーブ生成カード+アタックカードの構成となる。
防御面は「デフラグ」などで集中力を上げたり、「コンデンサ」で浮かべるオーブの数を増やすことで鉄壁の守りを実現することができる。

フロストオーブ生成カードには、2つのフロストオーブ生成+7ブロックを得られる「氷河」や、1つのフロストオーブ+1ドローの「冷静沈着」が特に便利。
特に「氷河」は、取れたらフロストデッキに寄せていくことを考えるほどに、フロストデッキの中心的存在と言える。

一方、アタックカードはフロストオーブの生成数の2倍ダメージを与える「ブリザード」や単純に攻撃力の高い「効率化」辺りガオススメ。
フロストデッキはアタックダメージが弱く、長期戦になりがちだが、その分鉄壁の防御で安定感があり、最も心臓撃破がしやすいと思う。

フロストデッキの場合も、できればエナジーは4欲しいところなので、ボスレリックで1つはエナジー増加を取りたいところ。
また、ボスレリックの1つであるインサーター(2ターンごとにオーブスロットが増える)を見かけたら優先して取るようにしよう。

オールフォーワンデッキ

10ダメージ+捨て札にある0エナジーのカードを全て手札に戻す、という効果を持つ「オールフォーワン」というカードを軸にしたデッキ。
なるべく多くの0エナジーのカードをデッキに組み込み、「オールフォーワン」を引いたら大ダメージを与えるデッキである。

0エナジーのカードとしては使うごとにダメージが強化される「爪」や唯一の0エナジー防御の「スチームバリア」は必須。
また、「スキム」や「スクレイプ」などのドローカードを数枚入れておくと、デッキが回りやすく、エナジーの使い残しが少なくなる。

0エナジーカードはアタックカードが圧倒的に多いため、できるだけ敵の攻撃を受けないうちに倒しきることが重要となる。
なるべくデッキを圧縮し、毎ターン0エナジーカード使い切り+「オールフォーワン」+0エナジーカードを使い切りできるくらいのデッキにできるのが理想だ。

しっかりデッキが組めるとかなり強いが、カードを大量に使用するデッキのため、タイムイーターと心臓はどうしてもしんどい戦いとなる…。

レリックは「永久コマ」があると、一気にデッキが強化され、ドローカードすら必要なくなる。
エナジー増加系のボスレリックは1ターンに2回「オールフォーワン」が撃てるような状況でない限り、取らない方がいいだろう。

ハイパービームデッキ

敵全体に26ダメージを与える「ハイパービーム」というカードがある。
この一見強力なカードは集中力3を失うデメリットがあり、ライトニングオーブやフロストオーブを使うデッキではデメリットの方がでかくなる。

しかし、プラズマオーブだけは必ず1エナジーを増やしてくれる効果があり、どれだけ集中力を失っても問題ない。
そこでプラズマオーブから生み出されるエナジーを活かして、カードを使いまくるのがこのデッキのコンセプトである。
アタックカードは「ハイパービーム」の他、「効率化」辺り、防御カードは「強化ボディ」「自動盾防御」などを盛り込み、更に「スキム」などのドローカードも用意する。
「メテオストライク」…はどうなんだろう。

上3つのデッキに比べるとどうしても弱く、ドロー運によってブロックカードが引けなかったりすると一気にピンチに陥る。
あくまでネタデッキではあるが、こういう変則的なデッキを組んでみるのも「Slay the Spire」の楽しみ方なのだ。

私は作ったことがないが「ダーク特化」みたいなデッキも作ってみたら面白そう。

次回はスタンスの切り替えが楽しい“塔の評価者”ウォッチャーを紹介する。

コメント

タイトルとURLをコピーしました