【Hades】ティタンの血による武器強化と4つ目の態の出現方法

Hades

「Hades」攻略第3回。
前回はダイダロスハンマーを使った一時的な武器強化を紹介したが、今回は「ティタンの血」というアイテムを使った武器の永久強化について紹介したい。

ティタンの血はゲームスタートして割とすぐに入手できるが、いくつか入手した後はクリアするまでなかなか入手の機会がないレアアイテム。
今回はそんなティタンの血の集め方と、ティタンの血を使った武器強化、4つ目の態の覚醒方法やその性能まで紹介したい。

スポンサーリンク

ティタンの血の入手方法

ティタンの血を得る方法としては以下の4つがある。

  • タルタロスのボス、メガイラ三姉妹を倒す(各武器で1つずつ、計6つ)
  • ステュクスのボス、ハデスを倒す(各武器で1つずつ、計6つ)
  • ハデスの館の酒場にいる物々交換屋で交換する(通常:アンプロシア×1 セール時:冥府の鍵×15)
  • ハデス戦直前のカロンの店で1200コインで購入する
  • 運命の書の予言を達成する(予言によって複数個獲得)

ハデスを一度倒すことで現れる「懲罰の盟約」でヒートレベルを上げることで、メガイラ三姉妹、ハデスのドロップが復活するため、一度に沢山入手するには、ヒートレベルを上げていくのが手っ取り早い。
ついでに予言を達成するために、全ての武器でのクリアを目指したり、盟約内容を全て選択すると効率が良いだろう。

しかし、ヒートレベルを上げる=難易度アップなので、腕に自信がない人は、物々交換やカロンの店での購入も上手く取り入れ、少しずつ集めていった方がいいかもしれない。
特に物々交換屋のセールはかなりお得なので、見かけたら是非入手しよう。

一応ギリシャで釣れる魚をシェフに渡すことでも入手できるようだが、私は釣ったことがないため、ここでは割愛する(そもそも釣りポイントがほとんど出てこない…)。

ティタンの血による武器強化

ティタンの血入手後、武器部屋で強化したい武器を装備し、武器が置いてあった場所を調べることで、ティタンの血による武器強化を行うことができる。

初期状態ではザグレウスの態のみがアンロックされており、ティタンの血を使うことで他の態をアンロックできる。
ただし、4つ目の態のみ「?の態」になっており、イベントをクリアするまでアンロックすることができない(詳細は以下)。

参考までに4つの態それぞれをLv5まで上げるためのティタンの血の必要個数を紹介する。

ザグレウスの態1→1→1→1→1合計5個
2つ目の態1→2→3→4→5合計15個
3つ目の態2→2→3→4→5合計16個
4つ目の態3→3→3→3→3合計15個

1つの武器を全てLv5まで上げるためには51個のティタンの血が必要で、6種の武器全てをLv5にするためには306個ものティタンの血が必要となる。
途方もない数なので、使う態を優先してレベル上げしていくのが良いだろう。

4つ目の態を出現させる方法

4つ目の態を出現させるには、以下の特殊なイベントをこなす必要がある。

  1. ティタンの血4つを、ザグレウスの態のレベルアップ以外に使用する(武器はどれでもOK)
  2. アキレウス(ハデスの館の執務室の近くにいる人)と会話し、「目覚めの言葉」を聞き出す
  3. ヴァラサを装備し、ティタンの血の強化画面を開こうとすると、ヴァラサの4つ目の態が覚醒する

ここからは1以外は順不同

  1. 4つ目の態を覚醒させたい武器にティタンの血を5つ使用する
  2. スティギウスの覚醒:ニュクスと会話し「目覚めの言葉」を聞き出す
  3. コロナハトの覚醒:コロナハトを装備し、アルテミスの功徳を受ける際の会話で「目覚めの言葉」を聞き出す
  4. アイギスの覚醒:アイギスのカオスの態を装備し、カオスの功徳を受ける際の会話で「目覚めの言葉」を聞き出す
  5. マルフォンの覚醒:マルフォンを装備し、エリュシオンの中ボスとして登場するアステリウスとの戦闘前の会話で「目覚めの言葉」を聞き出す
  6. エクサグリフの覚醒:ゼウスの功徳を受ける際の会話で「目覚めの言葉」を聞き出す(武器はなんでも良い?)

これらの手順の後、ティタンの血の強化画面を開こうとすると、4つ目の態が出現する。
会話イベントは他のイベントが優先してしまうこともあるため、その場合は何度か話しかけてみよう。

見てわかる通り、4つ目の態を出現させるためにもティタンの血は大量に必要となるため、基本的に最低1度はクリアしてからでないと全ての態の解除は難しいだろう。

武器ごとの4つの態を紹介

ここからは6つの武器の4つの態(主に4つ目の態)をそれぞれ紹介する。

スティギウス(忘却の剣)

特徴レベルアップボーナス
ザグレウスの態初期状態移動速度&ダッシュ距離ボーナス
+3%
ネメシスの態特殊攻撃後の3秒間、通常攻撃でクリティカルが発生する確率が上昇する
クリティカル上昇ボーナス
+15%
ポセイドンの態特殊攻撃を発動すると敵に打ち込まれた血珠がドロップする
魔弾ダメージ
+10%
アーサーの態聖剣エクスカリバーを開放
HPが50上昇
バリアダメージ軽減
+20%

アーサーの態に書いてある「聖剣エクスカリバーを開放」は、攻撃性能が大きく変化することを意味している。
通常攻撃は攻撃力が大幅にアップする代わり、振りのモーションが大きくなる。
特殊攻撃は「聖域」を展開する攻撃に変化する(一度発動すると時間経過で消えるまでは通常の特殊攻撃になる)。
聖域内では敵や弾の速度を遅くしダメージを軽減する効果がある。

アーサーの態の時にのみ、ダイダロスハンマーの強化項目に「超集中」が追加。
展開される聖域が45%広がり、攻撃が命中した敵の移動速度を10%遅くする効果が付与される。

通常攻撃の攻撃力は大きく、見た目もかっこいいが、他の態で使い慣れていると、振りの遅いアーサーの態はかなり使いにくく感じるはず。
アーサーの態独自の要素である「聖域」を上手く使えるかどうかが肝になるだろう。

コロナハト(心追いの弓)

特徴レベルアップボーナス
ザグレウスの態初期状態通常攻撃クリティカル率
+3%
ケイロンの態特殊攻撃で発射した矢が、通常攻撃が最後に当たった敵を追尾する
特殊攻撃で発射する矢の本数
9→4(レベルアップごとに増える)
ヘラの態魔弾を発射すると、次の通常攻撃に血珠が装弾され、命中した際に魔弾が発動する
血珠ドロップまでの時間
10秒(レベルあっぷごとに短縮)
ラーマの態天弓シャランガで痛みの輪を発動できる痛みの輪のダメージ
通常攻撃の30%

ラーマの態では通常攻撃の攻撃力と攻撃範囲が広くなる代わりにチャージが長めになり、特殊攻撃は同じ方向に3連射するバウンドショットに変化する。
また、特殊攻撃がヒットした敵は「痛みの輪」状態になり、その後7秒間の間に敵にヒットさせた通常攻撃のダメージの一部が痛みの輪状態の敵にヒットする(同じ敵に当てた場合も追加ダメージが付く)。

ラーマの態の時にのみダイダロスハンマーの強化項目に「波動の矢」が追加。
通常攻撃時に周囲に爆風を生じさせ敵を吹き飛ばす効果が付与される。

ラーマの態では「痛みの輪」効果を抜きにしても特殊攻撃は強化されており、通常攻撃代わりのメインとしても使用できる。
通常攻撃はチャージが長いのがネックで、他の態のようにパワーショットを連発しにくいのが難点。

アイギス(混沌の盾)

特徴レベルアップボーナス
ザグレウスの態初期状態通常攻撃・ダッシュストライクダメージ
+3
カオスの態ブルラッシュ発動後、次の特殊攻撃で複数の盾を投げる
盾投げ個数
+1
ゼウスの態特殊攻撃が雷霆の円盤に変化する
雷霆の円盤1ヒット当たりの基本ダメージ
+8
ベオウルフの態ネイグリングの盆を使用できる
受けるダメージが+10%になる
龍の疾走ダメージ・エリアボーナス
+20%

ベオウルフの態では通常攻撃・特殊攻撃ともにモーションが少し大きくなる代わりに、攻撃力が上昇する(特に特殊攻撃の攻撃力は3倍ほど上昇)。
また、魔弾ボタンで魔弾を盾に込めることができ、この状態でブルダッシュを行うと「龍の疾走」を発動することができる(魔弾は撃てなくなる)。

ベオウルフの態の時にのみダイダロスハンマーの強化項目に「不屈の護り」が追加。
魔弾の装弾後に3秒間頑強状態になる効果が付与される。

ベオウルフの態は全てのモーションが若干遅めだが、ほぼ他3つの態と同じように使える。
特に距離を取って盾投げ(特殊攻撃)を主体に戦うのであれば、攻撃力が高い分ベオウルフの態が最も使いやすいだろう。
魔弾を良く利用する場合は、魔弾が使えなくなるのが大きなネックとなるか。

ヴァラサ(永遠の長槍)

特徴レベルアップボーナス
ザグレウスの態初期状態特殊攻撃のダメージ・射程・速度 +10%、Lv2以降4%ずつ上昇
アキレウスの態特殊攻撃発動後、激情の疾走で槍を回収できる
疾走後のダメージボーナス +50%
ハデスの態スピン攻撃がなぎ払いの刑に変わる
刑罰ダメージボーナス +30%
関羽の態冷艶鋸が使用できる
最大HP・回復効果が減少
最大HP・回復効果 -70%

関羽の態では通常攻撃がややモーションが大きめの3連攻撃になり、特殊攻撃が爆弾攻撃(ボムランチャーと同じ)になる。
また、スピン攻撃が前方に飛ぶスピンブレードのように変化し、敵に当たるとHPを吸収する効果が付く。
ただし、最大HPと回復効果が7割も下がるという、痛すぎるデメリットが付いており、このデメリットはレベルアップと共に少しずつ減少させることができるが、最高レベルでも-50%減は免れない。

関羽の態の時にのみダイダロスハンマーの強化項目に「翼蛇」が追加。
スピン攻撃の移動距離を80%増やす効果が付与される。

性能的には申し分なく、特に特殊攻撃やスピン攻撃は他の態に比べて非常に使いやすくなっている。
デメリット面が許容できるなら最高の武器なので、最大強化を目指すのもいいだろう。
ただ、通常攻撃は振りが遅く若干使いにくくなっているため、通常攻撃をメインに使いたい人は他の態の方がオススメ。

マルフォン(双拳)

特徴レベルアップボーナス
ザグレウスの態初期状態通常攻撃速度・回避率 +5%ずつ上昇
タロスの態特殊攻撃がマグネティックカッターに変化し、引き寄せ時に20の基本ダメージを与える
引き寄せ通常攻撃・魔弾ダメージ +10%
デメテルの態攻撃を12発当てると次の特殊攻撃n連続攻撃回数が増える
特殊攻撃回数ボーナス +1
ギルガメッシュの態エンキドゥの爪でダッシュアッパーを発動すると、致命傷を与えられる致命傷ダメージ 100

ギルガメッシュの態では通常攻撃モーションが大きなる代わりに攻撃力と攻撃範囲が広くなり、ダッシュ特殊攻撃は敵に当たることで致命傷という状態異常を付与することができる。
致命傷は4秒間敵に与えるダメージが25%増しになる代わりに、その敵から受けるダメージもなぜか50%増加するという状態異常で、致命傷状態が解除される際に追加ダメージも与える。
また、最初から連続ダッシュ回数が+2され、ダッシュボタンを押し続けることで連続ダッシュを行い、ダッシュボタンと通常攻撃ボタンを同時押しすることでダッシュ攻撃を連続で繰り出すこともできる。

ギルガメッシュの態の時にのみダイダロスハンマーの強化項目に「猛獣の爪」が追加。
致命傷状態の敵に与えるダメージが25%増加し、移動速度を30%遅くする効果を付与する。

通常攻撃はやや大振りになるものの、その分攻撃のリーチが長くなるため、他の態に比べて使いやすい。
致命傷を与えるダッシュアッパーも織り交ぜつつ、ヒットアンドアウェイで戦うスタイルがオススメ。
4つ目の態の中では他の武器に比べて最もクセが少なく、使いやすい部類と言える。

エクサグリフ(アダマント電磁砲)

特徴レベルアップボーナス
ザグレウスの態初期状態装弾数ボーナス +4発
エリスの態特殊攻撃の爆風を自分が受けると、8秒間ダメージが増加する
ダメージボーナス +15%
ヘスティアの態手動でリロードすると、次の攻撃の威力が増加する
強化攻撃基本ダメージ 50
ルシファーの態イグネウス・エデンで爆発性の業火を発射できる業火エリアダメージ 50

ルシファーの態では通常攻撃が当て続けるごとにダメージが増えるレーザー攻撃に変化し、特殊攻撃は業火というグレネードのような武器に変更される。
業火は撃ちこんだ後、周りの敵にダメージを与え続け、攻撃を加えることで爆発し範囲ダメージを与える(功徳が付いたダッシュなどでも誘爆可能)。

ルシファーの態の時にのみダイダロスハンマーの強化項目に「紅蓮の業火」が追加。
業火の範囲が広がり、与えるダメージが250%強化される効果を付与する。

初見では当て続けなければならない通常攻撃は撃つタイミングや立ち回りが難しく、特殊攻撃もよく分かっていないと不便な武器に思える。
しかし、実際に使ってみると特殊攻撃はクソ強い。
業火をばら撒くだけで周囲にダメージを与え続けられるため、功徳で特殊攻撃を強化し、ダイダロスハンマーで「紅蓮の業火」をつければ、ラスボスさえも余裕で倒せるほど。

初期状態に慣れていると「全部ザグレウスの態でいいじゃん」と思うところもあるが、特に4つ目の態は全く別武器になるので、是非覚醒させて遊んでみてほしい。
覚醒させることで新しい予言も増え、アンブロシア稼ぎにもなるぞ。

次回は全4層のそれぞれのボス攻略法について書いてみたいと思う。

コメント

タイトルとURLをコピーしました