【7 Days to Die】ゾンビの行動特性とブラッドムーンホード用拠点の建築例【攻略】

7 Days to Die

「7 Days to Die」攻略第3回。

今回は7日目のブラッドムーンホードに備える1から自作の拠点例を紹介する。
この記事で使っている画像はクリエイティブモードで作ったものだが、サバイバルモードでも実際に使用した拠点なので、7日目を生き残れるのは保証済みだ。

良い拠点はいくらでもあると思うが、初心者でどんな拠点を作ったら良いかわからない人は、今回の例を参考に拠点を作ってみてほしい。

スポンサーリンク

ゾンビの行動特性

建築例の紹介の前に、通常ゾンビの行動特性をまとめてみる(私が知っている範囲で)。

  • 障害物がないとゾンビはプレイヤーめがけて最短距離でやってくる
  • プレイヤーの周りに壁があると通常ゾンビ高さ2段目を攻撃する(這いずりゾンビやスパイダーゾンビ、ゾンビ犬は1段目を攻撃する)
  • 通常ゾンビは1段の段差をジャンプできる
  • 通常ゾンビが固まっていると1匹が1段以上の高さを登ってくることがある
  • 障害物をできるだけ避けようとする(罠がある場所はなるべく避けようとする)
  • プレイヤーが壁に囲まれている場合、なるべく柔らかいところを突破しようとする

これらの特性を把握していないと、ゾンビに予想外の行動を取られたり、プレイヤーが気づかない穴を破られたりする。
行動特性を理解し、ゾンビの行動をコントロールすることがブラッドムーンホードを生き残るカギだ。

コの字壁

5×5×3の壁をコの字型にくっつけただけの拠点。
木材と小石と粘土層の土だけで作成でき、大掛かりでもないため、半日もあれば充分建てられる。
7日目でレベルが低い時は、実はこんな簡単な拠点でも乗り切れたりするのだ。

壁の上であれば、ゾンビの攻撃は届かず、こちらだけが一方的に攻撃できる。
壁から落ちたらほぼ確実にアウトなので、動く時は慎重に。

しゃがみ状態であれば近接攻撃も届くが、1匹倒すのにも時間がかかるため、できればまとめて倒せる攻撃手段を用意したい。
オススメはモトロフ・カクテルを上からポイポイ投げる方法だ。
また、たまに組体操で壁を登ってくるゾンビがいるため、いざ登られた時用にショットガンがあると心強い。

拠点は適当な代わりに武器はそれなりのものが要求されるという点で、クエストや空き家巡りで7日間のほとんどを費やすプレイヤー向きの拠点と言えるだろう。

14日目のブラッドムーンホードは、ほぼ確実に大ジャンプを繰り出すスパイダーゾンビや空から攻撃してくるゾンビハゲワシが出現するため、この拠点をそのままアップグレードしただけでは守り切れない。
しかしここから部屋を作ったり、空中拠点を作るなど、シンプルな作り故に増築しながらのアップグレードはしやすいと言える。

サバイバーの檻

7×7×5(外の壁と天井は壁が2重)の立方体型拠点。
中にサバイバーが入り、四方八方から襲ってくるゾンビを順番に倒していく。
中に入る手段としては上に扉をつけるか、檻の中に地下通路を作り外へ繋げるのがいいだろう(地下通路を作る場合は、出口が近いとそちらを破壊してゾンビが入り込む可能性があるため注意)。

私はこの戦闘用の建物の地下最下部に本拠点を作り、そこから更に外への出口を作るという拠点で以前プレイし、30日前後まで生き残ったことがある(ブラッドムーンホードではないところで死亡しリセットしたが…)。

簡単に作れる割に意外と頑丈で、戦闘中の空き時間にこまめに修理してやればなかなか破られることはない。
また拠点の外にはトラップも設置可能で、手持ちの資源と相談して各種トラップをしかけよう。

一応ギリギリ近接攻撃も届く距離ではあるが、時間がかかるため、やはり何かしらの銃があった方が安心。
2段目が開いているので、ヘッドショットも狙いやすい。

14日目以降のブラッドムーンホードもコンクリートにアップグレードしたり、壁の厚みを増やす、電気トラップを仕掛けるなどしてそのまま運用可能。
ただし、警官ゾンビのみ遠距離攻撃が届いてしまうので、警官ゾンビを見かけたら最優先で倒すようにしたい。

ゾンビさん、いらっしゃい

落とし穴型拠点。
上記「サバイバーの檻」の逆バージョンで、ゾンビを3×3のエリアに落とし、檻の外から駆除する形だ。
ゾンビが落ちやすいよう、穴の周りは急斜ブロックを使用している。

画像の拠点は11×11×7の穴を掘っているが、最初の装備のみでこれを作ると丸々7日間使っても大変なレベルの建築工事になるので、9×9×7など少し小規模な落とし穴にするか、迎え撃つエリア(プレイヤーがいるエリアを四方でなく一か所に絞っても良いだろう。
作るのに時間がかかるため、建築メインをプレイしたい人向けの拠点と言える。

「サバイバーの檻」より優れている点は、ゾンビが一か所に固まるため、モトロフ・カクテルやショットガンなどで一網打尽にしやすい点。
この拠点もアップグレードしていくと14日目以降のブラッドムーンホードに耐えられる。
ただし、デモリッシャーゾンビまで耐えられるかは微妙…。

ブラッドムーンホードはプレイヤーのレベルや生存日数によって難易度が変わってくるため、場合によっては7日目からスパイダーゾンビやゾンビハゲワシが登場することもある。
特にレベルはゾンビの数にかなり影響するようなので、7日目の時点でレベル130近くいくようなら、最低でも「サバイバーの檻」レベルの拠点を建て、装備もしっかり準備をしてブラッドムーンホードに臨もう。

コメント

タイトルとURLをコピーしました