【MTGアリーナ】フォーゴトン・レルム探訪の注目カード

MTGアリーナ

昨日、「MTGアリーナ」にて新セット「フォーゴトン・レルム探訪」が実装された。

先月はデイリー消化くらいしかプレイしていなかったが、今月から新しい環境で色んなデッキを作って遊んでみたいところだ。
そこで今回は、「フォーゴトン・レルム探訪」で追加された新カードの中から個人的に注目しているカードを紹介してみたいと思う。

ちなみに以下の記事では現在のスタンダードのメカニズム・キーワード能力を一覧で紹介している。
「フォーゴトン・レルム探訪」で追加された新メカニズムも追加しているので、初心者の方は目を通してみると良いだろう。

スポンサーリンク

各色のクリーチャー化する土地

「フォーゴトン・レルム探訪」の特殊土地枠では、単色の代わりにマナを支払うことでそのターン、クリーチャー化する土地が登場した。

クリーチャー化する土地と言えば、現スタンダードにも「不詳の安息地」などが既にあるが、このような土地クリーチャーは総じて強いため、今回の土地クリーチャーもかなり強力なカードとなるのではないだろうか。
特に白は飛行付きでブロックされにくい、黒・赤は攻撃することで能力が発動するということから、白・黒・赤の土地が特に強そうに思う。

ただ、2枚以上土地が出ている場合はタップインとなるため、デッキに何枚入れるのが適切かは悩むところだ。

パラディン・クラス

今回のセットで初出のエンチャント・クラスカード。
戦場に出した後、マナを支払うことでソーサリータイミングでレベルを上げられ、最大でレベル3までレベルを上げることができる。
レベルを上げても、下のレベルの効果は継続する。

場に出た時点でカウンター対策として優秀なカード。
レベル2、レベル3に成長させることで、攻撃の底上げもできるため、アグロ~ミッドレンジのデッキと相性が良さそう。

月恵みのクレリック

場に出すことでエンチャントをサーチし、デッキトップに持ってこられる3マナ3/2の人間・エルフ・クレリッククリーチャー。

白は除去など優秀なエンチャントが多く、上の「パラディン・クラス」や下の「テレポーテーション・サークル」もサーチすることができる。
単体でも3マナ3/2とそこそこ強い。
性質上、切削には無力だが、エンチャントデッキには入ってきそうだ。

テレポーテーション・サークル

毎ターン終了ステップ時に自分のコントロールしているクリーチャーorアーティファクトを追放し、再度戦場に戻す能力を持つエンチャントカード。

「深海住まいのタッサ」の白版という感じで、場に出ることで効力を発揮するクリーチャー・アーティファクトとの組み合わせで色々悪さができそう。
ヨーリオンデッキには入ってくるか。

霜の暴君、アイシクルデス

4マナ4/3飛行・警戒持ちと単体でもかなりのスペックを持つ伝説のドラゴンクリーチャー。
更に死亡時には+2+0修正と「攻撃時に敵1体をタップする」能力を持つ装備品に変化する。

生き残っても強く、死んでも役立つタダ強カードだと思う。

イリシッドの学者、グラジラックス

ブロックされたクリーチャーを手札に戻せ、クリーチャー1体がプレイヤーに攻撃すればカードをドローできる能力を持った3マナ3/2伝説のホラークリーチャー。

場に出た時に何らかの能力が誘発するクリーチャーとの組み合わせることでブロックされたらバウンスして能力誘発、ブロックしてこなければカードを引ける、とどちらにしてもプラスな選択ができるため、結構強いのではないだろうか。

君は悪党の住処を見つけた

3マナのインスタントカード。
呪文を打ち消す効果と、カードを2枚引き、その後カードを2枚捨てる効果のどちらかを選択することができる。

カウンターとしては3マナと少々重いが、どんな呪文でも消すことができ、相手が何もしてこない場合にも手札を入れ替えできるのが良い(手札は増えないが…)。

砂漠滅ぼし、イムリス

カードドロー能力付きの5マナ5/5飛行のドラゴンクリーチャー。
更にアンタップ状態で護法④の除去耐性まである、かなり強力なクリーチャーだ。
護法④なので、「無常な行動」でも6マナ払わないと除去できなくなる。

カウンターなどされなければ、かなり生存率は高いが、更に「歩哨の目」などで警戒をつけることができれば鬼人の強さになりそう。

モルデンカイネン

6マナのプレインズウォーカー。
+2能力でカードドローができ、-2能力では手札枚数によってはかなり強いクリーチャートークンを生み出すことができる。
また、奥義は手札とライブラリーを交換する、というとんでもない能力で、ここまで来ればもはや何でもありになる。

マナが重いため、どこまで活躍できるのか未知な部分もあるが、コントロール系デッキだったらドローからフィニッシャー作成までを担えそうな気がする。

パワー・ワード・キル

天使・デーモン・悪魔・ドラゴン以外のクリーチャーを破壊できる2マナ除去。
大半のクリーチャーを2マナで除去できるのはやはり強いだろう。

しかし、今回の環境的にはドラゴンが多くなりそうな気配もあり、「無常な行動」とどちらの採用が多くなるかは未知数。

ゼラチナス・キューブ

戦場に出た時、このクリーチャーが倒されるまで対戦相手のクリーチャー1体を追放する能力を持つ、4マナ4/3のウーズ。
追放中にそのクリーチャーのマナ+黒1マナを支払うことで、このクリーチャーを墓地に置けるため、ウーズを倒されても相手の戦場に戻らないようにすることができる。

除去兼4/3のクリーチャーとして割と使いやすいクリーチャーだと思う。
ミッドレンジやコントロールデッキ向きか。

ドラコリッチ、エボンテス

飛行・俊速を持つ4マナ5/2のゾンビ・ドラゴンクリーチャー。
一度破壊されても、他のクリーチャーが死亡したターンであれば墓地から唱えることができる。
タップ状態で戦場に出ることから出てすぐにブロッカーになることはできないが、5/2というスペック上、そもそもブロッカーになることは少ないと思うので、問題ないだろう。

何度も蘇らせられることから、「背信の王、ナーフィ」のようなコントロールデッキのフィニッシャーとして採用できると思う。

スフィアー・オヴ・アナイアレイション

アップキープ時に戦場と墓地からX以下のクリーチャーやプレインズウォーカーを追放するアーティファクト。
軽いクリーチャーやプレインズウォーカーのみで構成されているアグロデッキを殺すカードと言える。

他の全体除去カードと違い、置いてから1ターンは効果を発揮しないため、それまで持ちこたえられるかがカギ。

決闘のレイピア

装備しているクリーチャーが+2+0修正を受ける装備品。
赤1マナのみで装備まですることができるため、装備品シナジーのあるクリーチャーを活躍させやすいカードだと思う。

アグロデッキなどアイデア次第で様々な活用方法がありそう。

ドラゴンの火

クリーチャーやプレインズウォーカー1体に3点ダメージを与える2マナのインスタントカード。
手札にあるドラゴンカードを公開するか、場にドラゴンが出ている場合は、指定したクリーチャーのパワーに等しいダメージを与える。

ドラゴンカードを採用する必要はあるが、パワー・タフネスの大きいクリーチャーを軽いマナで除去できる赤にとってはありがたい除去カード。
これ以外に緑のクリーチャーに特化した「バーニング・ハンズ」というカードもサイドボード用として便利そうだ。

アヴェルナスの大公ザリエル

4マナのプレインズウォーカー。
+1能力では1ターンの間、自分のクリーチャー全てに+1+0修正と速攻を与え、0能力では死亡時にクリーチャーやプレインズウォーカーに1点ダメージを与えるデビルクリーチャートークンを生成する。
-6の奥義は戦闘フェイズ終了後にクリーチャー1体をアンタップし、追加の戦闘フェイズを得るという紋章を得られるというものになっている。

アグロデッキの頂点として使用できそうな性能で、横に並べてプレッシャーをかける戦い方ができそう。
現在はまだ赤単アグロに入り込む枠はなさそうだが、「エンバレスの宝剣」や「鍛冶で鍛えられしアナックス」が落ちた後釜としては充分入る余地がありそう。

星山脈の業火

飛行・速攻持ちの6マナ6/6のドラゴンクリーチャー。
赤1マナの能力で+1+0修正を受けられ、修正を受けた時にパワーが20になっていると、対戦相手のライフに直接20点ダメージを与えることもできる。

デッキ次第ではワンキルできる能力も持っているが、そうでなくても6/6飛行というだけで充分強く、打ち消し無効なのも嬉しい。
黄金架のドラゴンなどと一緒にドラゴンデッキに採用されそうだ。

群れ率いの人狼

2マナ3/3の人間・狼男クリーチャー。
集団戦術持ちで、合計パワーが6以上のクリーチャーで攻撃することでカードを1枚引くことができる。
また、4マナ払うことで5/3狼男に変化することが可能。

2マナ3/3という基本スペックが高い緑では貴重な2マナ域のクリーチャー。
緑単ミッドレンジなどのデッキには入ってくるだろう。

銀月街のレンジャー、ヴェイリス

到達・護法①を持つ、3マナ3/3のエルフ・レインジャークリーチャー。
クリーチャーやプレインズウォーカー呪文を唱えるたびにダンジョン探索を行うことができ、ダンジョンを踏破するたびに2/2の狼トークンを生成する。

ダンジョン探索を行うことでアドバンテージを得るようなデッキに採用されそうなカード。
緑の新プレインズウォーカーである「エリーウィック・タンブルストロム」とも相性が良さそうだ。

フロギーモス

トランプル・速攻を持つ5マナ4/4のカエル・ホラークリーチャー。
相手プレイヤーに攻撃が通るたびに、相手の墓地にある最大マナのカードを追放する能力を持っており、追放したクリーチャーカードの枚数分+1+1カウンターを置くことができる。

追放したいカードを選ぶことはできないが、一気に相手の墓地を追放することができるため、墓地対策カードとして使用できるのではないだろうか。
基本スペックも充分で、速攻持ちなのでそのターンに攻撃ができるのも嬉しい。

タラスク

9マナ10/10というとんでもないスペックを持つ恐竜クリーチャー。
唱えられたものである限り、速攻と護法⑩を持つ。

一度戦場に出てしまうと除去することもかなり難しいクリーチャーだが、9マナという大量のマナを要求されることに加え、墓地から戦場に出すなどのズルをすると速攻と護法⑩が付かなくなる扱いが難しいクリーチャーでもある。

使用するには色々とお膳立てが必要となるが、そこまでして使われるかどうかは未知数だ。

不死のプリンス、オルクス

X+4マナで5/3飛行・トランプルを持つ、伝説のデーモンクリーチャー。
戦場に出た時「オルクス以外の全てのクリーチャーに-X-X修正を与えて、-X点のライフを失う効果」もしくは「自分の墓地のマナ総量X点以下になるように、クリーチャーを最大X体戦場に戻し、それらのクリーチャーはそのターン速攻を得る」効果を選択できる。

マナは大量に必要だが、どちらの効果もかなり強力で、一気に戦況をひっくり返す可能性のあるカードだ。
ミッドレンジやコントロール系のデッキに1~2枚採用されるかも。

ローグ・クラス

青黒のエンチャント・クラスカード。
戦場に出ると、自分のクリーチャー1体が相手プレイヤーにダメージを与えるたびに、相手プレイヤーのライブラリーの1番上のカードを裏向きに追放し、自分だけがそのカードを見られるようになる。
レベル2にすると自分のクリーチャー全てが威迫持ちになり、レベル3にするとローグ・クラスで追放したカードをプレイできるようになる。

相手のとっておきのカードを自分が使用できるようになる、青黒らしい、いやらしい呪文。
青黒というカラーからローグデッキに組み込まれ、亜種ローグデッキみたいなものができたりするかも?

ギルドの重鎮、ザナサー

6マナ5/6の伝説のビホルダークリーチャー。
アップキープ開始時に対戦相手を指定すると、その相手はそのターン終了まで呪文を唱えることができず、相手のライブラリーの一番上のカードを見て、そのカードをプレイできるようになる。

カウンター呪文を完全に封じ込めできるクリーチャーで、更に相手のライブラリーの一番上の有用なカードをどんどん唱えることもできるやっぱり青黒らしい、いやらしいカード。

マナコストが高いのが難点だが、除去されなければやりたい放題できそうだ。

ファイター・クラス

白赤のエンチャント・クラスカード。
戦場に出ることで装備品カードをライブラリーからサーチして手札に加えることができる。
レベル2になると装備能力の起動コストが2減り、レベル3になると自分のクリーチャー1体が攻撃時に対戦相手のクリーチャー1体を指定し、強制ブロックさせることができるようになる。

装備品に特化したエンチャントで、有用な装備品と装備品シナジーのあるクリーチャーとの組み合わせで面白いデッキが作れそう。
今回のセットでは装備品カードが多くあるため、装備品を活かしたデッキは一度作ってみたい。

全体的に見た感じ「フォーゴトン・レルム探訪」での新カードは比較的強いカードは少ない印象だが、新たなメカニズムやこれまでのカードとのシナジーから面白い組み合わせはこれから沢山見つかっていくと思われる。

今回紹介したカードが何割くらい今後活躍するのか楽しみだ。
皆さんも是非新カードを使って面白いデッキを作成してみてほしい。


コメント

タイトルとURLをコピーしました