【For The King】各職業の特徴とステータスを解説!強い職業は?【攻略】

For The King

「For The King」攻略第1回。

レビュー記事はこちら↓

本作ではキャラクターごとに様々なステータスが割り振られているが、初心者にとっては沢山数字があって、何がどこに影響するのか分かりにくい部分もあると思う。
しかし、理解さえすれば単純明快。
今回はそんなステータスの数字と、ステータスを決定づける職業について解説したい。

スポンサーリンク

キャラクターのステータスについて

  • HP
  • 攻撃力
  • 防御力
  • 魔法耐性
  • 回避率

主に戦闘で重要となるステータス。
HPが0になるとそのキャラクターが死亡し、ライフを1つ使用しなければ行き返れない。

攻撃力はその名の通り、敵に通常攻撃で与えるダメージを指す。
基本的に装備している武器に依存するが、他にも防具や永続的に攻撃力を上昇させるアイテムなどにも影響も受ける。

防御力は物理攻撃に対する耐性、魔法耐性は魔法攻撃に対する耐性でそれぞれの数字分だけ物理攻撃(魔法攻撃)がカットされると考えると分かりやすい。
回避率は敵の攻撃を回避する率で、20以上あれば時々、30以上あれば割と頻繁に回避してくれる印象。

基本的にHPはレベルアップで上昇し、防御力・魔法耐性・回避率は装備品の補正によって上げることができる。

  • 知能
  • 感知力
  • 才能

戦闘において、武器のチェックに使用されるステータス。
この4種のステータスのうち、どれが高いかによってメイン武器が決まると言ってよい。
数字が大きいほどダメージが上がるのではなく、命中率が上がるという点に注意。

最高値が95なので最高まで上げても外すことはあるが、90以上なら外すことはかなり少なくなるので、最終的には90前後まで装備で底上げしたい。
70程度だと全然当たらないのを覚悟しよう…。

ちなみに感知力はフィールド戦闘において、奇襲(周りの敵を巻き込まず、使用したキャラが先制攻撃状態で戦闘を始められる)を使用するためのチェックにも使われるため、1人感知力が高いキャラクターがいると少し有利かもしれない。

  • 活力
  • 速度

その他のステータス。
活力は主に盾を使用した時に使用できる戦闘スキル「チョッカイ(敵1体の注意を自分に向けさせる)」のチェックに使用される。
速度は高いほど、戦闘で順番が回ってくるのが早くなるほか、逃走のチェックにも使用される。
運はカーニバルなどのフィールドイベントでのチェックに使用される。

この中ではダントツ速度が重要ステータスで、敵からダメージを受ける前に倒すのが大事な本作においては高ければ高いほど良い。
一方、活力や運は他のステータスより優先度が低くなることが多い。
イベント時のチェックに必要な場合も、その時だけ装備を付け替えることで対応できる。

各職業の初期ステータス・スキル

ここからは各職業の初期ステータスとスキルから、それぞれの職業の戦い方や個人的評価を紹介していく。

ちなみに今回紹介する各職業の初期ステータスは難易度イージーのもの(難易度ノーマル以上だとそれぞれのステータスがマイナス5ずつされる)。

鍛冶屋

  81  活力   85  
知能  45 速度    61
 感知力   57運   55
才能  77  

スキル
シールド(稀に敵の攻撃をガードして無効化する)

ゲーム開始時から選べる職業の1つ。
活力が全職業で最高であり、スキルも相まって、「盾を装備して盾のスキル「チョッカイ」を使用し、攻撃を引き受ける」スタイルが推奨されている職業といえる。
力も木こりに次いで高いので、メイン武器は力を参照する武器を選ぶといいだろう。

個人的な評価としては、最も使いにくい職業の1つ。
ネックとなるのが全職業で最も低い速度で、タンクとして運用しようにも、鍛冶屋が「チョッカイ」を使う頃には先に敵が動いて貧弱な味方が攻撃された後、という展開になりがち。
また、「チョッカイ」は敵1体にしか効果がないため、他の敵は野放しになり、結局他の味方は安全と言い難い。
力型のアタッカーとして運用する場合なら木こりの方が断然良く(DLC込みならグラディエーターの方がもっと良い)、かなり微妙な職業になってしまっている。

それでも使用する場合には活力をスルーし、力と速度を重点的に上げる装備をつけさせ、劣化木こりとして使用するのが最も無難か…?

狩人

  57  活力   71  
知能  51 速度    83
 感知力   83運   55
才能  69  

スキル
シャドー(ステルスに必要なチェックが1つ減る)
トラップ回避(罠を回避するチェックが1つ減る)
移動ブースト(ターン終了時に追加の移動ポイントを得ることがある)
スナイパー(弓での攻撃時に全て成功判定にしてクリティカルを発生させることがある)

ゲーム開始時から選べる職業の1つ。
感知力と速度が全職業で最も高く、敵より先に動いて1体倒す(動きを止める)、という戦法が取りやすい。
また、移動ブーストにより他の職業よりもフィールドの移動距離を稼ぎやすく、配達クエストを行ったり、ダンジョンに味方をいち早く集合させるのも便利だ。

個人的な評価としては、トップレベルに使いやすい職業。
本作では敵の速度が全体的に高めに設定されており、ほとんどの職業で先手を取れないが、初期値で先手を取れるだけで貴重な存在だ。

感知力を上げる防具を装備をしていけば、更に速度を上げていくことができ、リロードが必要な銃も装備しやすくなる。
感知力装備は回避率も上がるため、紙装甲でも意外としぶとく生き残ってくれる。

学者

  47  活力   65  
知能  83 速度    75
 感知力   71運   55
才能  75  

スキル
復習(ターン終了時にフォーカスを1つ回復することがある)

ゲーム開始時から選べる職業の1つ。
全職業で最高の知能を持ち、魔法攻撃に適した職業だ。
スキル「復習」を持つことで、気軽にフォーカスを使っていけるのも強み。

個人的な評価としてはかなり使いやすい職業。
知能がトップというだけでなく速度も速いため、魔法アタッカー兼ヒーラーとして攻守共に活躍できる。
「復習」の効果は必ず発動するわけではないが、頻度は高めでフォーカスを回復しにくい場面では非常に頼りになる。

初期値から知能が高いため、防具の2か所を知能+5装備すればそれだけで93に到達でき、防御力や速度を上げる防具を別部位で補えるのも強み。
後は運よくヒーラー付きの杖が拾えたら完璧だ。

薬草医

  49  活力   57  
知能  81 速度    69
 感知力   75運   55
才能  63  

スキル
ヒーラー(ダンジョン内や戦闘でカミのトイキが全体効果になる)
薬草採取(フィールド上で稀にランダムな薬草を発見する)

ロアストアにて15ロアで解放できる職業。
最大の特徴は最初からスキル「ヒーラー」を持っていること。
これは通常1人用の回復アイテムである「カミのトイキ」がパーティー全体化するという、他のスキルとは別次元に強力な効果だ。
知能も学者に次いで高いため、ヒーラー兼魔法職として運用できる。

個人的な評価としてはかなり使いやすい職業。
学者との二者択一になるが、最初から「ヒーラー」を持っている分、序盤は安定しやすい。
「カミのトイキ」を薬草医に全て持たせておけば、全員がパイプをアップグレードする必要もなくなる。
もう1つのスキル「薬草採取」も狙っていくのは難しいものの、発動すればこちらもかなり嬉しい効果だ。

ただ「ヒーラー」以外の部分ではほぼ劣化学者であることは否めない。
特に速度が低い面は防具等で何とか補いたいところだ。

罠猟師

  53  活力   65  
知能  47 速度    79
 感知力   81運   55
才能  77  

スキル
策士(奇襲の必要なチェックが1つ減る)
トラップ解除(罠を解除するチェックが1つ減る)
第六感(敵の奇襲攻撃を阻止することがある)

ロアストアにて10ロアで解放できる職業。
狩人に次ぐ感知力・速度の高さで、先制攻撃を取りやすい職業。
スキルは一応狩人の「シャドー」「トラップ回避」の上位互換のような性能になっている。

個人的な評価としてはまぁ普通の職業。
速度が高いのは良いが、高いステータスが狩人と丸被りしており、ほとんどの面で「狩人でいいじゃん」となってしまう難点があり、影の薄い職業になってしまっている。

やったことはないが、才能の高さと活かして、楽器を持たせるという選択なら狩人と共存もできるのだろうか…?

吟遊詩人

  49  活力   55  
知能  75 速度    71
 感知力   73運   55
才能  83  

スキル
ラッキー(戦闘時、味方の失敗を成功にすることがある)
トレーナー(ターン終了時、2マス以内にいるパーティーにXPを与えることがある)

ゲーム開始時から選べる職業の1つ。
高い才能を活かし、楽器で味方をサポートしたり、敵を妨害するのを得意とする職業.
「ラッキー」「トレーナー」はどちらも不確定なスキルだが、発動するとかなりおいしい。

個人的な評価としてはかなり使いやすい職業。
才能型の職業はジェスターとの二者択一になるが、吟遊詩人の方が速度も高く、防具で補えばそれなりに早く動けるようになるのが強み。

ゲーム開始時は、鍛冶屋の代わりに吟遊詩人を入れる方が断然オススメだ。

ジェスター

  77  活力   73  
知能  53 速度    63
 感知力   59運   55
才能  81  

スキル
ランナー(敵から逃走時のチェックが1つ減る)
コメディアン(町、カーニバル、ナイトマーケットの1マス以内でターンを終えるとお金を入手することがある)
ガーディアン(敵の攻撃の成功判定を失敗にさせることがある)

ロアストアにて12ロアで解放できる職業。
吟遊詩人に次ぐ才能の高さを持ち、楽器持ちサポートに最適だ。
スキルは吟遊詩人のスキル同様、不確定だが強力なスキル「コメディアン」「ガーディアン」を持っている。

個人的な評価としてはまぁ普通という感じの職業。
才能型では素早さの関係上、吟遊詩人の方が使いやすいと思う。
力の高さを活かしてシフトチェンジし、鍛冶屋・木こりの代わりに力装備をしてみるのも1つか…。

木こり

  83  活力   79  
知能  49 速度    63
 感知力   75運   55
才能  57  

スキル
ラム(ダンジョン内の扉破壊のチェックを1つ減らす)
ヘビースウィング(両手持ちの物理武器で全チェック成功した際に隣接ダメージを与えることがある)

ロアストアにて18ロアで解放できる職業。
全職業でトップの力を持ち、活力も上から2番目で、典型的な脳筋だ。
スキルのヘビースウィングは発動すると強いが、個人的な体感では他のスキルより発動しにくい印象。

個人的な評価としてはイマイチな職業。
力装備に最も合ったキャラクターであることは間違いないが、速度も遅いし、それほど有用なスキルもない。
鍛冶屋よりはマシ程度、力装備要員がいないという理由だけで選ばれることが多いだろう。
DLCがあればグラディエーター一択。

モンク

  79  活力   67  
知能  79 速度    65
 感知力   65運   55
才能  53  

スキル
ヒーラー( ダンジョン内や戦闘でカミのトイキが全体効果になる )
コンバーター(敵にクリティカルかとどめを刺した時、フォーカス0の味方のフォーカスを1回復する)

ロアストアにて18ロアで解放できる職業。
有用スキル「ヒーラー」を備えており、薬草医と同じパーティーの回復役になれる。
また力・知能がともに高めで物理・魔法役どちらでも活躍することが可能だ。

個人的な評価としてはまぁ普通という感じの職業。
一見すると強そうな印象だが、力と知能、相反するステータスが高いのは逆に言えば、どちらかが無駄なステータスになるということでもある。
速度の低さもやはりネック。
ただ、力装備をする他の職業がイマイチということもあり、選択肢にはなり得る。

世捨て人

  75  活力   75  
知能  75 速度    75
 感知力   75運   55
才能  75  

スキル
なし

ロアストアにて15ロアで解放できる職業。
初期スキルなし、ステータスオール75というピーキーな無職のハダカ野郎。
全ての能力が一緒ということで、どんな方向性に育てるかはプレイヤー次第だ。

個人的な評価としては意外とやれる職業。
スキルも持たず、一見弱そうに見えるが、素早さが3番目に高いという点が意外と大きい。
世捨て人3人パーティーでプレイしたこともあるが、意外なほどにスムーズにクリアできた。
初期装備がすぐ壊れるため、序盤いかに早く装備を揃えられるかがカギ。

トレジャーハンター

  47  活力   61  
知能  79 速度    63
 感知力   79運   55
才能  79  

スキル
ミミックマスター(宝箱がミミックでも通常の宝箱として開けられる)
宝探し(ターン終了時に宝箱を出現させることがある)

ロアストアにて20ロアで解放できる職業。
知能・感知力・才能が高く、様々な武器を選択しやすい。
スキルは宝箱に特化したものが多く、物資確保には非常に有用な職業と言える。

個人的な評価としてはイマイチな職業。
スキルは魅力的だが、知能・感知力・才能の3種が高いのは無駄が多く感じる。
そしてやっぱり速度が低いため、どの方向で育てても微妙になりやすい。

次回は「For The King」に登場する武器・防具などの装備アイテムについて解説したい。

コメント

タイトルとURLをコピーしました