【For The King】メインシナリオをクリアするために知っておきたいこと【攻略】

For The King

「For The King」攻略第3回。

今回はメインシナリオである「フォー・ザ・キング」の攻略時に知っておきたい基礎知識を紹介する。
このメインシナリオは一番上にあるくせに意外と難易度が高く、「ウインターストーム」や「深海からの復讐」の方が簡単だったりする。

この記事を見てもクリアできないという場合には、まずは簡単なシナリオからチャレンジしてみよう。

スポンサーリンク

事前準備編

1.パーティー編成はバランス良くが基本

シナリオ開始時には3人のパーティーを組むことになる。
この時、それぞれのキャラクターの特性をばらけさせた方が、装備品かぶりがなく、それぞれの役割を持たせられるために進行させやすい。

具体的には力・感知力・知能・才能のステータス値のうち、どの数値が高いかで役割が決まる。
そのため、力が高いキャラ、知能が高いキャラ、感知力が高いキャラというように得意な分野をばらけさせてパーティーを組むのが良いだろう。

それぞれの職業の特性については以下の記事にて詳しく書いているので、こちらも参考にどうぞ。

ロアストアで職業を開放していない状態なら、狩人・吟遊詩人・学者の3人がオススメ。

2.2人目には防御重視のキャラクターを配置する

敵の攻撃には、単体攻撃・全体攻撃・範囲攻撃の3種類がある。
単体攻撃は誰か1人を対象にした攻撃、全体攻撃はパーティー全体を対象にした攻撃、範囲攻撃は攻撃対象の隣にも効果を及ぼす攻撃だ。

範囲攻撃を使用してくる敵は意外と多く、誰が対象になっても真ん中のキャラは巻き添えを食らいやすい。
範囲攻撃は比較的物理属性が多いので、2人目に配置するキャラクターはできるだけ防御(もしくは回避力)が上がりやすいキャラクターを配置すると少しだけ死ににくくなる。

フィールド編

3.カオスゲージに注意

「フォー・ザ・キング」シナリオでは、一定ターンごと(難易度によって異なる)にカオスゲージが上昇する(画面上部のタイムラインにてあと何ターンでカオスゲージが溜まるか確認可能)。
カオスゲージが1上昇するごとに敵の体力が増えてしまう他、3つ溜まるとマップが紫の雲に覆われ、毎ターンダメージを受けるようになったり、通常敵の代わりに「カオスビースト」という敵が出現するようになる。
3つ溜まった状態は非常に不利になるので、定期的にカオスゲージを下げながら攻略を進めていきたい。

カオスゲージはメインシナリオを進行させる、各地エリアに1つずつある「カルト装置」を破壊する、カオスゲージを下げるクエストをクリアする、「石の台座」でカオスゲージの減少を祈るなどで減少させることができる。
ちなみにカオスゲージが0の状態でカオスゲージを下げても、タイムライン上のカオスゲージがなくなるので、無駄にはならない。

4.バラバラに行動するのは避ける

戦闘はパーティー3人揃っている状態を前提としたバランスになっているが、フィールド上の戦闘では1マス以内にパーティーがいないと戦闘に参加できない(スキル「サポート」があれば2マス以内)。
そのため、バラバラに行動するのはリスクが高く、パーティー全員ができるだけ同じペースで進んでいきたい。

ただし、狩人などの一部職業は移動力が高く、戦闘も回避しやすいスキルを備えているため、おつかいクエストやダンジョンに入る時などに先行させることで、他の職業とペースを合わせて進むよりも早く目的地に進むことができる。

5.クエストは積極的に受けよう

街で受けられるクエストは、カオスゲージを減少させたり、アイテムの入手、お金の入手が手軽にできる手段だ。
各街で1回きりしか受けられない制約があるものの、訪れた街では積極的にクエストを受けるといいだろう。

クエスト報酬で入手できるアイテムの中には、ここでしか入手できない、非常に攻撃力の高いチェック1回の武器(ただし、チェックに失敗すると壊れてしまう)が出現することもある。

6.船の乗り方

シナリオを進めていくと船に乗り、他の大陸に行くことになる。
船は上の画像の船着き場にて購入可能だ。

船は3種類から選ぶことができ、高い船ほど移動力や耐久力が高くなっている。
一番安いイカダはクラーケンとエンカウントするとほぼ壊れてしまうので、できれば漁船以上の船を購入したい。

船を購入すると船着き場の隣の海に船が出現し、そこに移動することで乗ることができる。
近くにいるパーティーも集合させるとすぐに船に移動させられる。

7.クラーケンとの戦闘

海上では、たびたび「クラーケン」という巨大な怪物に奇襲を受け、強制戦闘になる。
クラーケンは非常にHPが高い上に、船体ダメージを与えてくる強敵だ。

戦闘になってしまったら、本体ではなく、片足を集中攻撃することで、逃走してくれる。
本体を倒すとそれ以降クラーケンは出現しなくなるが、倒すにはかなりのレベルと装備の充実が必要になる。

クラーケンは隣接するマスに陸地がないことが出現条件となっているようで、陸地に沿って進むようにすると出現しない。
出会いたくない時にはなるべく岸を移動しよう。

8.フィールド上の状態異常マス

終盤に訪れる大陸では、マスに緑や紫のモヤがかかっている場所がある。
このマスを通ると緑の場合は毒、紫の場合はランダムな呪いを受けてしまう。

どちらも非常に厄介な状態異常だが、毒無効・呪い無効の装備をしているキャラがその場所を通ると状態異常を無効化してマスを通常状態に戻すことができる。
浄化の巻物を使用するよりもお手軽で何度も使える方法なので、是非覚えておきたい。

9.厄災の出現

カオスゲージが表示されるタイムラインには厄災と呼ばれる敵の出現予告も表示される。
厄災が出現すると、厄災の出現マスが表示され、厄災ごとにプレイヤーに不利な効果が付与されてしまう。

厄災を倒す、もしくはカオス装置や医師の台座で厄災を消すことでマイナス効果を消すことができる。
マップを探索していると厄災の出現位置が見つかることもあり、その場合はマイナス効果が付与される前に倒してしまうことも可能。

厄災は今のレベル+2くらいのレベルで出現することが多いが、レベル1差くらいなら充分倒せる。
厄災を倒すと厄災ごとに他では入手できない特殊なアイテムを入手することができる(カオス装置などで厄災を消した場合にはアイテムは入手不可)。

アイテム編

10.キャラクター間のアイテム・お金受け渡し

ダンジョン内や1マス以内にいる味方とはアイテムやお金の受け渡しが可能。
アイテムの場合はアイテムボックスを開き、渡したいアイテムを選択することで、渡すプレイヤーを選ぶことができる。
お金は所持金をクリックすることで、渡す相手を選べる。

アイテムやお金の受け渡しが簡単にできるので、これを利用することで、狩人などの移動力のあるキャラクターにおつかいを頼んだり、お金+〇%の効果を持つ楽器を装備できる吟遊詩人などに戦闘後のお金を全て渡すなど、ターン短縮や効率的なお金稼ぎをすることができる。

11.「カミのトイキ」は貴重アイテム

序盤からHP回復手段としてお世話になる「カミのトイキ」だが、実は各街で3つずつしか購入することができない貴重なアイテム。
序盤のうちに軽々しく使っていると、終盤厳しい戦いを強いられる可能性がある。

そのため、フィールド上ならばなるべく街の宿を利用する、多少のダメージで回復しないなどして、後半のキツイダンジョン攻略用になるべく節約しておきたい。

スキル「ヒーラー」は「カミのトイキ」の効果を全体化する効果があり、1人持っていると攻略難易度が大きく変わる。

12.ショップでのアイテム購入の優先順位

新しい街のショップ・ダンジョン内のショップなどでの買い物はついつい性能の良い武器・防具に目がいきがちだが、このゲームでは何はともあれ消費アイテムの購入が最優先。
特にカミのトイキは確実に3つずつ購入しておきたい。
またカミのトイキなどの効果を上昇させるパイプは、ドラゴンパイプまでなるべく早めにアップグレードしておきたい。
スキル「ヒーラー」持ちがいるならヒーラー持ちだけパイプをアップグレードさせ、カミのトイキはそのキャラクターに全て持たせよう。

他にも万能薬・マジョゴロシはダンジョンに潜る前には1人1つずつ持っておくと安心できるアイテムだ。
金色の葉は序盤でそこまで使用することはないが、終盤のここぞという場面ではフォーカスがものを言うので多く持っていた方が後々便利。

装備品はできるだけ敵のドロップに頼り、お金に余裕がある時のみショップで補うという使い方が良いだろう。

13.物価の概念について

本作には物価の概念があり、街が発展するにつれ、ショップで購入できる消費アイテムの値段が変わる。
要するにゲームが進むほど、消耗品は値段が上がるということだ。

上の画像を比べてもらうと分かりやすいが、左がゲーム序盤、右が終盤。
カミのトイキは9コインから236コインと26倍に値上がりしている。

その分敵を倒した時にもらえるコインも増えているため、困ることは少ないが、序盤で余裕があればカミのトイキくらいは買い占めておくといいだろう。

14.聖域の効果

フィールド上にはたびたび○○の聖域と呼ばれる塔が出現する。
聖域で祈りをささげたキャラクターは聖域に応じたバフが得られる他、死んでも一度ライフを消費せずに自動で蘇ることができる効果を持つ。

自動蘇生が発動するとその聖域は崩れ、効果は失われてしまうが、別の聖域でもう1度祈れば新たな聖域の効果を得ることができる。
聖域は各キャラクターで1度に1つずつしか祈れないので、そのキャラクターの特徴にあったバフが得られる聖域で祈るのが良いだろう。

15.!?マークのイベントマスについて

フィールド上に現れる!や?は踏んでみるまでどんなイベントが起こるかわからないマスだが、ほとんどがいずれかのステータスをチェックして成功・失敗を判定するイベントになっている。
もしも踏んでそのキャラが低いステータスを参照するイベントだとしたら、立ち去ることでスルーも可能だ。
その場合、そのステータスが高いキャラクターに踏ませて、改めて挑戦しよう。

16.ナイトマーケットを活用しよう

ロアストアで「ナイトマーケット」を開放すると、各地にナイトマーケットマスが現れる。
ナイトマーケットは夜にのみ買い物できる特殊なショップになっており、ステータスを底上げするアイテムなどレア・エピッククラスの珍しいアイテムを購入できる。

相場もかなり適当で時には貴重なアイテムを激安で購入できたりもするので、チャンスがあれば是非寄ってみよう。

バトル編

17.通常戦闘と奇襲

フィールド上で敵のいるマスを踏むと戦闘が発生する。
この時、近くに敵のマスがあるとそのマスにいる敵も戦闘に参加してくる(敵にカーソルを合わせると出てくる赤いマスの範囲内にいる敵が参加する)。

ただし、戦闘前に奇襲を選択し感知力のチェックに成功すると、踏んだマスにいる敵だけの戦闘になり、奇襲に成功したキャラクターが最初に行動することができる。
狩人などの感知力が高いキャラがいるなら、奇襲も有効活用していこう。

ちなみに柵に囲まれたキャンプは周りの敵が参加しない代わりに、最初から複数の敵が出現することが決まっており、奇襲に成功しても奇襲したキャラが先手を取れることしかメリットがない。

18.攻撃される前に倒せ!

本作の戦闘の基本は「やられる前にやれ!」。
回復手段に乏しい本作では、基本的に敵の攻撃はどんなものでも痛い。
敵の攻撃を食らう前にできるだけ敵の数を減らし、少しでもダメージを抑えることが重要となる。

そのために重要なのが、ステータスの速度だ。
速度が80以上あれば概ね敵より先に動くことができ、やられる前に少しでも敵の数を減らすチャンスになる。
場合によっては得意なステータスを上げるよりも、速度を上げた方が活躍できることも多いため、速度を上げられる装備は優先的に装備したい。

また、戦闘中は敵の攻撃を妨害してターンを遅らせたり、パーティーのアタッカーに優先的にターンを回すことも有効だ。
このような攻撃は特に楽器を装備できる吟遊詩人・ジェスターが得意としている。

19.フォーカスを使って成功確率アップ

「あと1発当たられれば敵を倒せる」「状態異常が決まれば敵の大技を阻害できる」というような場面ではフォーカスを使用することで、成功確率の底上げができる。
フォーカスは初期値で3~4程度しかなく、使いどころが難しいが、全く使わずにとっておくのはもったいない。
敵の攻撃でフォーカスを吸い取られたりもするので、ずっと温存しておくよりもピンチ・チャンスの時には積極的に使用したい。

戦闘中のフォーカスは使用するごとに確率を底上げすることができるが、無理に100%まで上げる必要はなく、1つ使用しただけでも成功率は大きく変わるので、基本的に1つずつ使用していく方が良いと思う。

フォーカスは金色の葉を使用することで回復できる他、街の宿や瞑想、キャンプセットなどで回復できる。

20.敵の防御と魔法耐性

敵に与えるダメージは攻撃を選ぶ際に表示されている数字だが、敵に防御・魔法耐性がある場合、
武器攻撃のダメージ-防御(魔法耐性)=ダメージとなる。
防御・魔法耐性は敵のHPゲージの下に表示されており、青が防御・紫が魔法耐性だ。

例えば上記画像のシチューエーションで、ショットで海賊ローグを攻撃すると、
19(ショットのダメージ)-2(海賊ローグの防御)=17ダメージとなる。

防御が高い場合は物理攻撃が通りにくく、魔法耐性が高い場合は魔法攻撃が通りにくいので、パーティーには物理攻撃役・魔法攻撃役をそれぞれ用意しておいた方が良いだろう。

21.状態異常とその回復方法

敵はHPに直接ダメージを与える攻撃以外に、様々なデバフ攻撃を仕掛けてくる。
ここでは特に厄介な状態異常を紹介する。

毒盛ターン終了時に毒盛の数に応じたダメージ+全ステータスダウン
戦闘後も継続
混乱キャラクターが勝手に行動する
恐慌勝手に逃走を試みる
アシッド一定時間経過するごとに、そのキャラの装備品が次々壊れていく
ショック攻撃チャックの1つ目が必ず失敗する
呪い呪いの種類に応じたステータスがダウン
戦闘後も継続

これらのステータス異常のうち、呪い以外は「万能薬」、呪いは「マジョゴロシ」で解除することができる。
アシッドなどのヤバイ状態異常はすぐにでも治したいので、これらのアイテムはできるだけ常備しておきたい。
ただし、毒盛は初期パイプだと万能薬1つで毒盛1しか消すことができず、パイプのアップグレードによって消せる数が増えていく。

呪いはそのキャラがメインで使用している武器と関係のないステータスであれば放置してもOKだが、使用する武器に関係するステータスや速度が低下している場合にはなるべく早めに治したい。

ショックは使ってくる敵も多く厄介な攻撃だが、フォーカスを1つ使うことで、ショックの効果を相殺することが可能。
ぜひ覚えておこう。

22.終盤の敵に有効な武器

終盤の敵は強力な防御や魔法耐性を持った敵が多く、いくら強力な武器を持っていても思うようにダメージを与えられないことが多い。
そこで活躍するのが、貫通を持つ攻撃だ。
貫通攻撃は敵の防御・魔法耐性を無視してダメージを与えられる。

多少基礎攻撃力が弱くても、貫通攻撃が付いている方がダメージが通りやすくなることも多いので、貫通攻撃付きの武器は売らずにとっておいた方がいいかもしれない。

今回は思いつくまま書きなぐったような記事になったが、このくらいの知識があれば充分「フォー・ザ・ナイト」のイージーくらいはクリアできるはず。
1度クリアするとロアストアで様々な要素がアンロックできるため、色んな遊び方をして楽しんでほしい。

コメント

タイトルとURLをコピーしました