【Tangledeep】ジョブごとのスキルと特徴・戦い方【攻略】

Tangledoop

「Tangledeep」攻略第2回。

前回の記事はこちら↓

今回は「Tangledeep」の本編(DLC除く)に登場する12ジョブの特徴と、それぞれの戦い方、あったら便利なスキル・装備品の二つ名を紹介する。

スポンサーリンク

義賊

取得スキル

煙幕徐々にフロアに広がる煙幕を投げる
煙幕の中にいる敵に対して、視力低下効果

不意打ち時にクリティカル率+15%、刺し逃げと影踏みのダメージ20%上昇の効果を与える
脱出名人敵の頭を踏みつけて移動する
対象の敵を失神させると同時に移動できる
刺し逃げ対象の敵と場所を入れ替えて出血させる
攻撃力の125%ダメージ&毎ターン攻撃力35%の出血効果を与える
火爆弾2ターン後に爆発する爆弾を仕掛ける
爆発すると3×3のエリアに攻撃力の175%の火ダメージを与える
ナイフの舞いコーン状の4マスにナイフを乱れ撃つ
攻撃力の120%ダメージ&出血効果付与
(既に出血している敵には+30%ダメージ)
影踏み影の中を移動し、移動先の隣接マスにいる敵に影出血ダメージを与える
影出血は通常の出血と別に扱われ、攻撃力の50%の影ダメージを毎ターン与える
睡眠トラップ敵に睡眠効果を与えるトラップを2つ仕掛ける
睡眠は5ターン経過、もしくはダメージを受けるまで持続する
ポイズンソードLv2パッシブスキルの条件達成で自動取得
出血効果が物理ダメージではなく毒ダメージを与えるようになる
(ターンを消費せず、オンオフの切り替えが可能)
弱点発見パッシブスキル
敵を観察時に定期的に弱点を見やぶ
る。
弱点で攻撃すると追加ダメージ&無防備な方向からの攻撃が+100%のダメージを与えるようになる
闇討ちパッシブスキル
戦闘での一撃目が100%クリティカルヒットになる(近接攻撃のみ)

特徴と戦い方

FFシリーズで言うところの「シーフ」のようなジョブ(「ぬすむ」はないが…)
義賊の特徴を活かすならば、敵に見つかりにくくなるライトアーマーなどを装備して、闇討ち攻撃+出血効果により敵を素早く倒すスニークプレイをする感じになる。

伸ばしたいステータスは俊敏・才知。
俊敏はクリティカルダメージに影響を及ぼすため、上げれば上げるほどに上記のようなプレイがしやすくなる。
才知は短剣の攻撃力に影響を与える他、クリティカル率も上昇させてくれる。

攻撃面は申し分ないが、ライトアーマーで敵に近づかなくてはならない関係上、ダメージを受ける場面は自然と多くなり、受けた時のダメージも大きい。
常にHPに注意を払い、危なくなったら「脱出名人」などを上手く使って距離を取れるようにしておこう。

一方、俊敏は遠距離攻撃の攻撃力にも影響するため、遠距離主体の装備構成でも戦えるし、むしろそちらの方が安定性が高いように思える。
ただ、そうするとほとんどのスキルが死にスキルになってしまうというジレンマ…。
良い遠距離武器が入手出来たら、狩人にジョブチェンジするプランもあり。

有用なスキルや装備品の二つ名

スニークプレイをするのであれば、短剣の武器奥義全般、特技の「俊足」、舞踏戦士の「暴れ馬」「気の達人」、武道家の「鋼の決意」「急所打ち:出血」、エッジセインの歌系スキルなどがオススメだ。

装備につく二つ名は、俊敏を底上げする「機敏」「軽身」、才知(クリティカル率)の上がる「利発」「機才」、クリティカルダメージを底上げする「致命」「致死」、敵から見つかりにくくなる「隠密」、回避を上げる「身躱」「回避」「幻影」などが便利。

植物使い

取得スキル

フロラコンダ召喚フロラコンダを召喚してペットにする(レベルに応じて強さが変化)
1度に1体しか呼び出せず、フロラコンダが死亡した後にクールダウンが発生する
ツタウォール召喚敵を鈍足化するツタを3本召喚する
ツタ跳びにも使用できる
ツタ跳び近くにあるツタマスに移動し、50CT獲得
トゲの床3×3マスにトゲの床を召喚し、踏んだ敵にだけダメージを与える
毎ターン精神力の25%ダメージ
トゲハキソウ召喚トゲを発射する(射程5)植物を召喚する
レベルに応じて攻撃力や呼び出せる数が変わる
光合成フロラコンダ、トゲの床、トゲハキソウ、死を招く花のダメージが8ターンの間+20%される
トゲ爆発召喚したツタを爆発させ、周囲の敵にダメージを与える
精神力の+230%の火ダメージ
死を招く花急激に増殖して敵を切り刻む植物を召喚する
踏んだ敵に毎ターン、精神力の60%のダメージを与える
トゲハダパッシブスキル
プレイヤーやフロラコンダ、トゲハキソウが攻撃を受けた時、ダメージを跳ね返す
50%の確率で、近接ダメージの40%を物理ダメージとして反射する
増殖のオーラパッシブスキル
移動中、ランダムにツタを召喚する

特徴と戦い方

非常に安定感のあるジョブ。
初心者でもこのジョブならば、さほど苦労せずにタングルディープの奥地まで進めるだろう。

強さの秘訣は「フロラコンダ召喚」でフロラコンダを常時引き連れられること。
フロラコンダを壁役にして、プレイヤーは遠距離から攻撃していくだけで非常に冒険が楽になる。
ペットと違い死んでも何度も呼び出せるし、クールダウンもさほど気にならない。
攻撃面では「トゲ爆発」が優秀で、「ツタウォール召喚」と組み合わせれば、周辺の敵に一気に大ダメージを食らわせることも可能だ。

伸ばしたいステータスは精神と規律。
精神と規律はスキルダメージ以外に杖ダメージにも影響するため、通常の遠距離攻撃手段は杖を持たせておくといいだろう。

有用なスキルや装備品の二つ名

杖の奥義全般、ペットをもっと引き連れたいならソウルキーパーの「ソウルシェイド召喚」、ヒュシンの「ルーンクリスタル」などがオススメ。
ただ、植物使いは他ジョブスキルがなくても充分強い。

装備につく二つ名は精神の上がる「霊幻」「調和」、規律の上がる「集中」「専心」、召喚ペットを強化する「友愛」、攻撃力を底上げする「魔導」などが便利。

舞踏戦士

取得スキル

炎の蛇隣接する2マスにプレイヤーと共に動く炎を召喚する
炎の中にいる敵に攻撃力の50%の火ダメージ

炎の中にいる敵に攻撃した場合、+25%の火ダメージを与える
暴れ馬指定した敵の隣接マスへ瞬時に移動し、ダメージを与える
攻撃力の125%(属性は武器依存)のダメージ
月光しばり敵一体に2ターンの間、足止めと攻撃力33%低下のデバフを付与
プレイヤーは指定したマスへと移動する
風に舞うちり5ターンの間、受け流し率を20%上昇させ、受け流し発生時に攻撃力の50%の雷ダメージを与える
氷の亀6ターンの間、プレイヤーの側で回り続ける氷塊を4つ生成する
氷塊に当たった敵に攻撃力の100%の氷ダメージを与える
雷のライオン1歩移動するごとに6エナジーを消費して電気の力を最大3回までチャージする
チャージごとに受け流し率が4%(最大12%)アップし、チャージ後に敵を攻撃すると放電して追加ダメージ
チャージごとに武器攻撃力15%+精神力20%の雷ダメージを与える
(ターンを消費せず、オンオフの切り替えが可能)
不死鳥の羽自分中心の5×5マスに不死鳥の羽を設置し、踏んだ敵に攻撃力の85%の物理ダメージを与える
たけりの激流2ターン後に、武器攻撃力130%、精神力130%の水ダメージを与える範囲攻撃を行う
無心の反撃パッシブスキル
近接武器装備中、近接攻撃を受け流した際に、必ず+30%の反撃を行う
気の達人パッシブスキル
クリティカルヒット発生時に2~5エナジー回復する(「いちころ」以外の敵)

特徴と戦い方

片手剣+盾で敵の攻撃を受け流しながら戦うことを得意とするジョブ。
「雷のライオン」のチャージ攻撃が非常に強力で、「暴れ馬」で強襲することで雑魚敵であれば、簡単に倒すことができる。
ただ、「雷のライオン」はエナジー消費が非常に激しい。
いざという時に他のスキルが使えなくなるのを防ぐためにもエナジー回復アイテムは多めに持っておきたい。

伸ばしたいステータスは筋力と才知。
才知は伸ばすことでクリティカル率、受け流し率をアップさせる効果があり、「無心の反撃」や「気の達人」を発動させやすくなるため、これらを活かすなら特に重点的に上げていきたい。

有用なスキルや装備品の二つ名

受け流しを強化してくれる片手剣の奥義(究極技以外)は必須。
その他には特技の「俊足」、義賊の「脱出名人」「闇討ち」、武道家の「鋼の決意」、エッジセインの歌系スキルなどがオススメだ。
片手剣で空き手に盾を装備する関係上、聖騎士の「盾打ち」「盾の奥義」も有効かもしれない。

装備につく二つ名は筋力を上げる「猛者」「豪傑」、才知を上げる「利発」「機才」、受け流し率を上げる「剣客」「決闘」、エナジーを増やす「壮健」「ルミナス」、回復玉のドロップを増やす「草摘み」などが便利だ。

聖騎士

取得スキル

悪斬り隣接する敵に攻撃力の130%の雷ダメージを与え、与ダメージを33%下げる
怒りを1つチャージする
神の逆鱗エリア内の敵1体に雷を落とし、防御力を下げる
怒りに応じて追加の雷が発生する
雷撃ごとに攻撃力の30%+精神力の30%の雷ダメージと防御力を15%減少
正義の突撃一直線にダッシュして進路上の敵を押し飛ばし、2ターン失神させる
光のオーラブロックに成功するとHPが最大HPの4%分回復するようになる
ブロックするごとに12エナジーを消費する
発動中は祝福の槌が怒りを消費して+25%ダメージを与えられる
(ターンを消費せず、オンオフの切り替えが可能)
ヘビーガードブロック率を20%上昇させるかわりにクリティカル率が半減する
1回ブロックごとにスタミナを7消費して怒りを1つチャージする
(ターンを消費せず、オンオフの切り替えが可能)
祝福の槌攻撃力の55%、精神力の55%の雷ダメージを与えるハンマーを投げる
ハンマーは一直線に進み、ブーメランのように投げた位置に戻ってくる
盾打ち攻撃力の125%の物理ダメージを与え、その敵をノックバック+失神させる
発動時に怒りを消費すると、1つ消費するごとにブロック率+4%、受け流し率+2%上昇
聖域Lv3パッシブスキルの条件達成で自動取得
7ターンの間あらゆるダメージを1にする
攻撃するかスキルを使うと、聖域は消滅し、脱出ポータル使用時に使うと脱出ポータルがキャンセルされる
鎧の鍛錬パッシブスキル
ヘビーアーマーを装備中に移動スキルを使うと、移動先の敵全てに攻撃力40%の物理ダメージを与える
盾の奥義パッシブスキル
盾を装備している状態で近接攻撃を行うと、確率で敵に気絶効果を付与する

特徴と戦い方

防御に特化したジョブ。
ブロックに成功するとHPを少量回復する「光のオーラ」、ブロック率を上昇させる「ヘビーガード」をオンにしておけば、低い難易度のフロアではじっくり戦ってもほとんどダメージを失わずに突破できる。
また、「怒り」という独自のシステムがあり、怒りゲージをためることで「神の逆鱗」「盾打ち」といった攻撃的なスキルを強化することができる。

聖騎士を使用する場合には必ず盾を装備させたいので、片手武器を使用しよう。
物理的な防御力では優れている一方、敵のスキル攻撃に弱い、クリティカルによる攻撃の爆発力が期待できない(ヘビーガード使用時)などの難点もあり、チャンピオンなどの強敵相手には消耗してしまうこともしばしば。
少しでも攻撃力・防御力を底上げするために、筋力を積極的に上げていくといいだろう。

有用なスキルや装備品の二つ名

使用する片手武器(片手剣、片手斧、メイス)などの奥義全般、ヘビーアーマーの奥義(タングルディープのイベントで取得)、特技の「俊足」、 舞踏戦士の「暴れ馬」「月光しばり」、武道家の「鋼の決意」、エッジセインの歌系スキルなどがオススメ。

近接武器は受け流しにより生存率の高まる片手剣、一度に周囲の敵全てを攻撃できる片手斧、攻撃力が高く敵を失神させることもあるメイスと上手く使い分けよう。

装備につく二つ名は、筋力を上げる「猛者」「豪傑」、ブロック率を上げる「神技」「均衡」、ブロック成功時に効果を発揮する「清涼」「報復」など、弱い攻撃力を補う武器攻撃力を上げるものなどが便利だ。

武道家

取得スキル

百裂拳狙った敵に攻撃力の140%の物理ダメージを与える
隣接する敵にも110%の物理ダメージを与える
掌底打ち範囲内の敵を4マス吹き飛ばし、1ターン失神させる
吹き飛ばし時に何かに当たった場合、攻撃力の100%の物理ダメージを与える
竜巻のかまえ近接攻撃を受けると自動的に反撃し、攻撃力の110%の物理ダメージを与える
はがねの呼吸あらゆる毒を消し、出血をふさぐと同時に、自身のHPも回復する
精神力の100%に、レベル x 5を加えたHPを回復(いちころから受けた状態異常では回復しない)
気功波離れた敵に攻撃力の180%、精神力の90%の雷ダメージを与える
急所打ち:激痛パッシブスキル
攻撃時、確率で+15%被ダメージを増加させる
この状態の敵に武道家のスキルを使うと、混乱させられる
急所打ち:爆発パッシブスキル
攻撃時、確率で死亡時に敵を爆発させる状態異常を付与
爆発によって、攻撃力の150%の火ダメージを与える
この状態の敵に武道家の技を使うと、その場に足止めすることができる
急所打ち:出血パッシブスキル
攻撃時、確率で出血させ、毎ターン攻撃力の30%の物理ダメージを与える
この状態の敵に武道家のスキルを使うと出血が悪化し、ほかの敵にも出血が広がる
二本指つかみパッシブスキル
25%の確率(固定)で遠隔攻撃を投げ返す
鋼の決意パッシブスキル
失神やクリティカルヒットを受けなくなる

特徴と戦い方

武器や盾を装備せず、素手で殴ることに特化したジョブ。
武道家の特性で素手でも武器を装備しているのと同様くらいのダメージを与えられ、急所打ちなどのパッシブスキルを装備すれば更にダメージを底上げすることができる。
武器が揃わない序盤に限っては、他ジョブよりも攻撃力が安定している分、攻略が楽な面もあり、お金も溜まりやすい。

ただし、移動スキルがない、武器を装備しない分だけ自身の能力を底上げしにくいといったデメリットも持っている。
移動スキルは他のジョブのスキルを覚えることで解決できるが、武器を装備できないデメリットは僅かにあるギアセットの「巻き布」を使用することでしか解決できない。

上げたいステータスは攻撃力・防御力が上がる筋力。
とにかく筋力を上げまくり、脳筋になって敵をぶん殴っていきたい。

有用なスキルや装備品の二つ名

拳の奥義全般は必須。
他に移動スキルとして、特技の「俊足」、義賊の「脱出名人」、舞踏戦士の「暴れ馬」、狩人の「投げフック」などもあると良い。
他にはエッジセインの歌系スキルやヒュシンのルーンクリスタル関連スキルが候補に挙がるだろう。

装備につく二つ名は、筋力を上げる「猛者」「豪傑」、回避を上げる「身躱」「回避」「幻影」、物理・元素防御を上げる「強硬」「不屈」「頑強」「護輪」などが便利だ。

狩人

取得スキル

矢の雨3×3マスに2ターン後に着弾する矢の雨を降らす
攻撃力の215%のダメージ
投げフック瞬時に壁際へ移動する
影追いターンを消費しない
矢を放つたびに影の分身が生まれ、敵の注意を引く
分身は5ターン継続
トラばさみ踏んだ敵を足止めするトラばさみを3個しかける
タカの目10ターン、隠れているエリアを暴いて、すべてが見えるようにする
氷の矢攻撃力の125%、精神力の75%の水ダメージを与え、対象を氷の牢獄に閉じ込める
氷の牢獄が壊れた際、敵の足を鈍らせる
三連射ち1ターン後、触れた敵を感電させる元素の矢を3本放つ
感電した敵は毎ターン最大HPの8%を失い、効果は他の感電中の対象へ連鎖する
霊狼召喚Lv3パッシブスキルの条件達成で自動取得
オオカミを召喚し、戦わせる(レベルに応じて強さが変化)
オオカミの攻撃を受けると鈍足化する
一度に一匹のオオカミしか召喚できない
血痕追いパッシブスキル
敵を攻撃時、33%の確率で追跡できる
追跡中は5ターンの間、対象の姿が見え、+20%のダメージ与えられる
危険な狙いパッシブスキル
クリティカルヒットが決まると、クールダウンが1ターン減少する

特徴と戦い方

弓やクロスボウなどの遠距離武器に精通したジョブで、植物使いと並ぶ最強ジョブ候補。
ただ、植物使いと違うのは、装備が揃わず、スキルを覚えていない序盤は強い訳ではないという点。

狩人の本領が発揮されるのは、全てのスキルを覚え「霊狼召喚」が使えるようになってからである。
オオカミに壁になってもらい、弓やクロスボウでチクチク攻撃という戦法が取れるようになると、ほとんどHPを消耗せず、安定して進めるようになる。
それまでは牧場のペットや他のペットスキルを使って同じような戦法を取るなどしないと結構辛い戦いを強いられる。

上げたいステータスは俊敏・才知。
俊敏は遠距離攻撃ダメージとクリティカルダメージの底上げ、才知はクリティカル率を上げることができるので、殲滅力が大幅に上昇する。

有用なスキルや装備品の二つ名

弓の武器奥義の他、壁を更に増やしたい場合には植物使いの「フロラコンダ召喚」やソウルキーパーの「ソウルシェイド召喚」辺りがオススメ。
空いているパッシブ枠は舞踏戦士の「気の達人」、武道家の「鋼の決意」、ソウルキーパーの「免疫学」、ヒュシンの「オートバリア」辺りが候補になりそう。

武器につく二つ名は、 俊敏を底上げする「機敏」「軽身」、才知(クリティカル率)の上がる「利発」「機才」、クリティカルダメージを底上げする「致命」「致死」、敵から見つかりにくくなる「隠密」、 召喚ペットを強化する「友愛」などが便利だ。

スペルシェイパー

取得スキル

スペルシェイプ熟達スペルシェイプ・スペルシフトの切り替えを行う
(ターンを消費しない)
炎の示現精神力の115%の炎ダメージを与える
火傷によって毎ターン精神力の25%ダメージを与える
影の示現精神力の90%の影ダメージを与える
影を重ねるごとに与ダメージが10%増える
氷の示現精神力の80%の水ダメージを与え、命中率とCT50を減少させる
酸の示現精神力の85%の毒ダメージを与え、対象の物理耐性を20%減少させる
時間差テレポートスキルを使用してから2ターン後に対象マスにテレポートする
魔力暴走Lv3パッシブスキルの条件達成で自動取得
ランダムな元素魔法で攻撃する
スペルシェイプ:ラインフリーパッシブ
スタミナ15を消費して、呪文の射程エリアを3×1のライン上に変える
スペルシェイプ:ビームフリーパッシブ
スタミナ15を消費して、呪文の射程エリアを自身から放たれるビームに変える
スペルシェイプ:スクエアフリーパッシブ
スタミナ35を消費して、呪文の射程エリアを3×3のエリアに変える
スペルシフト:貫通フリーパッシブ
呪文が元素防御を貫通するようになるが、詠唱後は1ターンの間封印状態になる
スペルシフト:物質化フリーパッシブ
呪文の効果が物質化し持続的な障害物となるが、クールダウンが倍増する
スペルシェイプ:オーラフリーパッシブ
スタミナ20消費して、呪文に様々な効果を持つ元素のオーラを発生させる
重ねがけ可能だが、他のスペルシェイプやスペルシフトとは併用不可
動態魔法パッシブスキル
スタミナが50%以下の時、精神力が20上昇する

特徴と戦い方

各種属性魔法を使いこなす魔法使い。
魔法の性質を変える「スペルシェイプ熟達」というスキルを持ち、状況に応じて使い分けることができる。
広範囲化するスペルシェイプは便利だがその分スタミナ消費が激しく、すぐ息切れしてしまうので注意が必要だ。
スペルシフトはスタミナ消費が増えることがなく、ペナルティもそれほどきつくないため、

遠距離攻撃メインのジョブということでそれなりに安定感はあるものの、一気に大勢の敵に攻められるとかなり脆い。
植物使いや狩人のように壁となるペット呼べるスキルがないため、できれば牧場のペットや他ジョブのペットスキルを使いたい。

伸ばしたいステータスは魔法の威力が上がる精神と規律。
また、スキル依存度が高く、スタミナがカツカツになりやすいので、スタミナも装備でブーストできると良いだろう。

有用スキルや装備品の二つ名

近づかれると脆いため、植物使いの「フロラコンダ召喚」やソウルキーパーの「ソウルシェイド召喚」等、自前で壁となるペットを呼べる魔法があると心強い。
スペルシェイバーの移動スキルである「時間差テレポート」はピンチの時に意外と使いにくいため、義賊の「脱出名人」、狩人の「投げフック」などもあると便利だ。

装備につく二つ名は精神の上がる「霊幻」「調和」、規律の上がる「集中」「専心」、各種元素ダメージを上昇させるもの、回復玉のドロップを増やす「草摘み」、(少しギャンブルだが)攻撃を受けるとワープする「バニッシュ」などが便利だ。

エッジセイン

取得スキル

忍耐の歌歌レベルに応じて防御能力を強化する
ダメージを与える・ダメージを受ける・ブロックする・受け流す度に歌が延長され、歌レベルが上昇する
別の歌に切り替えても歌レベルは切り替えた歌に引き継がれる(歌切り替え時のターン消費なし)
歌レベル1:受け流し/ブロック率+10%
歌レベル2:元素耐性+15%
歌レベル3:50%の確率で地形ダメージ無効化
力の歌歌レベルに応じて攻撃力を強化する
ダメージを与える・ダメージを受ける・ブロックする・受け流す度に延長され、歌レベルが上昇する
別の歌に切り替えても歌レベルは切り替えた歌に引き継がれる(歌切り替え時のターン消費なし)
歌レベル1:近接ダメージ+18%
歌レベル2:攻撃ヒット時に確率で恐怖を付与する
歌レベル3:15%の確率で2回攻撃
抑圧の詩ターンを消費しない
身の周囲3マスの敵に、毎ターン25%の確率でマヒ・足止め・封印のいずれかを付与する
(3ターン)
高原の突進前方一直線に、歌レベルに応じた距離をダッシュ移動
初期2マスで歌レベルで+1ずつ上昇する。
9ターン間、次の通常攻撃のダメージが20%上昇する(歌レベルが2以上の場合バフの個数が増える)
精神の歌歌レベルに応じて様々な能力を強化する
ダメージを与える・ダメージを受ける・ブロックする・受け流す度に延長され、歌レベルが上昇する
別の歌に切り替えても歌レベルは切り替えた歌に引き継がれる(歌切り替え時のターン消費なし)
歌レベル1:精神力+20%
歌レベル2:消費リソース-15%
歌レベル3:スタミナ/エナジー消費時にHP回復
挑発の詩ターンを消費しない
指定した敵の攻撃を受ける度に自身の与ダメージ+8%、防御力+4%ずつ上昇する(6ターン)
強化は7ターン持続
精霊の詩ターンを消費しない
毎ターン隣接する敵の元素耐性を10%減少させる
(5ターン)
怒りの幕引き現在の歌を終了させ、歌レベルに合わせた威力・射程の斬撃を放つ
攻撃力の110%ダメージ、歌レベル1につき更に+35%のダメージを与える
誇りある戦いパッシブスキル
敵を倒すと歌レベルが上昇し、25CTを獲得する(「いちころ」の敵以外)
両手持ちの達人両手持ち近接武器を装備中、攻撃力・命中率が10%上昇する
更にクリティカル発生率・受け流し率が5%上昇する

特徴と戦い方

自分自身を強化する歌スキルと両手武器特性が特徴のジョブ。
歌は点在する敵に対しては効果が薄いものの、一か所に固まっている敵を倒さなければならない場面では効果的。
特に「精神の歌」のレベル3は回復玉でもHP回復するようになるという大きい効果を持っている。
歌スキルは自分の強化以外にも「○○の詩」というスキルを重ねることができたり、「怒りの幕引き」で広範囲に高威力のダメージを叩きだせたりと、使いこなせると面白い運用ができる。

両手武器はそれぞれの武器カテゴリーに用意されているが、特に種類が多いのは両手剣。
他の職業では使いにくい伝説の両手剣なども「両手持ちの達人」で有意義に運用でき、攻撃力は申し分ない。
一方、両手武器は盾などが装備できないため、多少防御に不安が残る。
歌で防御を底上げしたり、ヘビーアーマーを装備する、ペットを連れていくなど少しでもダメージを抑える工夫をしていこう。

伸ばしたいステータスはやはり筋力・俊敏あたり。
攻撃力を伸ばすなら筋力特化、クリティカルダメージを狙うなら俊敏特化でいこう。

有用なスキルや装備品の二つ名

移動スキルの「高原の突進」が心もとないため、義賊の「脱出名人」、狩人の「投げフック」があると移動が快適になる。
壁にもなって自身の強化にもなるヒュシンの「ルーンクリスタル」もオススメ。

パッシブスキルの余った枠の候補としては、義賊の「闇討ち」、聖騎士の「鎧の鍛錬」、武道家の「鋼の決意」、ヒュシンの「オートバリア」あたりが候補になりそうだ。

装備につく二つ名は、筋力を上げる「猛者」「豪傑」、俊敏を上げる「機敏」「軽身」、物理・元素防御を上げる「強硬」「不屈」「頑強」「護輪」などが便利だ。

ソウルキーパー

取得スキル

エーテルバラッジ精神力の125%の影ダメージを与える
鬼火を消費することで射程が伸びる
蘇生術回復玉から死んだ魔物を蘇らせて80ターンの間戦わせる
復活したモンスターは最大HP-33%、与ダメージ-25%減少の状態になる
ソウルシェイド召喚ソウルシェイドを召喚し、30ターン戦わせる(レベルに応じて強さが変化)
霊界歩き4ターンの間、姿を消して敵の攻撃を受け付けなくなる
攻撃するか、スキルを使った場合は即座に効果が終了する
エコーボルト集めた「鬼火」を力に変えて、強力な遠隔攻撃を行う
1個の「鬼火」を消費して攻撃力の20%、精神力の20%の追加影ダメージを与え、

敵の元素防御を10%低下させる
(ターンを消費せず、オンオフの切り替えが可能)
精霊召喚火や水など、元素系の効果があるマス上で詠唱するとそのマスの元素特性を持つ守護精霊を召喚する
悪意の残響エリア内の敵に撃力低下、防御力低下、足止め、魅了、マヒの中からランダムな状態異常を与える
鬼火を1個消費した場合、付与される状態異常が2個になる
死出のはなむけ召喚したペットが倒されると同時に爆発するようになる
爆発により、攻撃力の150%の火ダメージを与える
鬼火集めフリーパッシブ
回復玉を取得時、ソウルキーパーのスキルを強化する「鬼火」を得る
免疫学パッシブスキル
敵の状態異常攻撃を33%の確率で無効化し、自身が与えた状態異常を1ターン延ばす

特徴と戦い方

ソウルキーパーになると、敵を倒した時に回復玉に加えて「鬼火」というものをドロップするようになる。
その鬼火を使った様々なスキルを使用するジョブ。
また、鬼火は拾った時、わずかにHP回復効果もある。

鬼火を使ったスキルにはペットを召喚するものが多く、植物使いや狩人よりも手間はかかるものの、鬼火さえあれば何体も呼べるのが魅力。
召喚したペットは死ぬ間際には「死出のはなむけ」で爆発させて、最後まで有効利用できる。

初期装備がクロスボウであることからも、プレイヤーは召喚したペットを盾に遠距離主体で戦うジョブということなのだろう。
育てたいステータスは遠距離攻撃を強化する俊敏やペットを強化する規律。
基本的には俊敏特化の方が強いと思うが、最強ペットのロマンを求めて規律特化というのも…。

有用なスキルや装備品の二つ名

緊急脱出スキルである「霊界歩き」は便利だが4ターンと短く、囲まれるとどうしようもないため、義賊の「脱出名人」、狩人の「投げフック」など、いざという時の脱出手段は他にも何かあった方が良い。
また、戦闘中の鬼火集めに特技の「俊足」も便利だ。
その他アクティブスキルには鬼火がなくてもペットを召喚できる植物使いの「フロラコンダ召喚」、ヒュシンの「ルーンクリスタル」がオススメ。
空いているパッシブ枠は舞踏戦士の「気の達人」、狩人の「危険な狙い」、ヒュシンの「オートバリア」辺りが候補になりそうだ。

装備につく二つ名は、俊敏を上げる「機敏」「軽身」、規律を上げる「集中」「専心」、クリティカルダメージを底上げする「致命」「致死」、召喚ペットを強化する「友愛」などが便利だ。

ギャンブラー

取得スキル

ワイルドカード【パッシブ】クリティカル時や、敵を倒した際にランダムでカードを引く
【アクティブ】カードが5枚揃った時に現在の手を発動する
手が強いほど効果アップ
ロールダイス2つのダイスを振り、出た目によって効果が変化する
ダブルダウンターンを消費しない
最大HPの10%を消費する

3ターン以内にそれ以上のダメージを受けた場合、自分の周囲1マスに爆発ダメージを発生させる
攻撃力の150%、精神力の150%の火ダメージを与える
炎のばく進三方向に炎を撒きながら、ランダムな方向へとダッシュする
炎は攻撃力35%の火属性ダメージを与える
巧みな手さばき周囲の敵を5ターン混乱させる
血の前借りターンを消費しない
最大HPの50%を一時的に回復することができる
効果終了後にHPは元に戻り、更に最大HPの2.5%分が利子として支払われる
銭投げ(40×レベル)ゴールドを投げつけ、ヒットした敵すべてに同等のダメージを分け与える
腹八分目パッシブスキル
食べ物を食べた時に33%の確率で満腹にならない
九死に一生パッシブスキル
死に至るダメージを受けたとき、50%の確率でHPを1残して耐えることができる
すべての状態異常も取り除かれる

特徴と戦い方

カードやダイスといったギャンブル要素で戦うジョブ。
攻撃手段だけでなく、移動や防御スキルにもギャンブル要素があるのが面白い。
初期武器は斧だが、ギャンブラー向けの伝説装備「ルジャスのカード」は短剣カテゴリーであり、義賊のように俊敏と才知を中心に伸ばし、ステルスで近づき一気に勝負を決める戦い方をするといいだろう。

定期的に「ワイルドカード」や「ロールダイス」を使用していくことで、ギャンブラーらしい戦い方ができる。
銭投げは1周目の最大レベルだと15レベル×40=650ダメージとなり、なかなかの火力を誇る。

ただ、お世辞にも強いジョブとは言えず、信頼できる防御性能が「九死に一生」のみなので、ペットを連れ歩く、遠距離戦をメインにするなど少しでも被弾しない工夫を他ジョブ以上にしておきたい。

有用なスキルや装備品の二つ名

「炎のばく進」は緊急脱出手段とするには向かないため、義賊の「脱出名人」や狩人の「投げフック」など他の移動手段は持っておきたい。
また、植物使いの「フロラコンダ召喚」やヒュシンの「ルーンクリスタル」でペットを準備すればターゲットをある程度ペットに逸らすことも可能だ。

ステルスプレイをするのであれば、義賊の「闇討ち」、舞踏戦士の「暴れ馬」、武道家の「急所打ち:激痛」などでダメージの底上げを図りたい。
狩人の「危険な狙い」をつけておけば、ダイスのチャンスも増える。

装備につく二つ名は、俊敏を上げる「機敏」「軽身」、才知を上げる「利発」「機才」、クリティカルダメージを底上げする「致命」「致死」、敵から見つかりにくくなる「隠密」、回避を上げる「身躱」「回避」「幻影」など義賊と同じようなラインナップが良いだろう。

ヒュシン

取得スキル

ルーンクリスタルルーンクリスタルを召喚する
ルーンクリスタルとプレイヤーが隣り合っている時、攻撃と防御が15%上昇する
(レベルに応じてHPが変化)
電磁場自身とルーンクリスタルが短時間、電磁波を身にまとう
隣接する敵に毎ターン精神力の40%の雷ダメージを与える
クリスタルシフトルーンクリスタルを飛ばし、進路上のすべての敵に攻撃力の125%の物理ダメージを与える
ロケットチャージ壁にぶつかるまで一直線にダッシュする
重力場ルーンクリスタルから重力場を発生させ、周囲の敵を引き寄せて1ターン足止めする
ルーンクリスタルが破壊された場合、プレイヤーから重力場が発生する
フォトン砲自身とルーンクリスタルから、苛烈なエネルギー弾を一直線に放つ
精神力の80%、攻撃力の80%の火ダメージ
肩代わり受けたダメージの25%をルーンクリスタルが肩代わりする
(ターンを消費せず、オンオフの切り替えが可能)
オートバリア戦闘後しばらく経つと、ブロック率100%のバリアを身にまとう
1度攻撃を受けると、バリアは消滅する
敵のスキルはバリアでは防げない
直近で戦闘していない場合、最低5ターン後に効果が再発動
危険一掃生成された罠やダメージ源の上を歩いた時、33%の確率で消滅させる

特徴と戦い方

「ルーンクリスタル」という召喚ペットを連れて歩けるジョブ。
ルーンクリスタル自体は攻撃を行わないが、プレイヤーの攻撃力・防御力を底上げする効果があり、スキルによる攻撃手段にもなる。

敵はペット同様、積極的にクリスタルを狙うため、常時壁役として連れて歩くとプレイヤーの被ダメージを抑えられる。
ヒュシンの初期装備である槍とも相性が良く、ルーンクリスタルを挟んで一方的に攻撃できる。
ただし、ルーンクリスタルのHPはそれほど多くないため、特に後半はかなり頻繁に呼び直す必要があり、エナジー管理には注意したい。

ゲーム終盤になってから登場するジョブということもあり、スキルに優秀なものが揃い、ペットなしでの冒険でもそこそこ戦える安定感のあるジョブである。
伸ばしたいステータスは近接キャラということで、やはり筋力。
次点で召喚ペットのHPが増やせる規律辺りになるだろうか。

有用なスキルや装備品の二つ名

槍の武器奥義は3つ目までかなり有用なので、是非取っておきたい。
他には植物使いの「フロラコンダ召喚」でペットを増やしたり、歌系スキルで敵に囲まれた時にも対応できるようにするなどが考えられる。
パッシブ枠は聖騎士の「盾の奥義」、武道家の「鋼の決意」、ソウルキーパーの「免疫学」辺りが相性が良い。

装備につく二つ名は、筋力が上がる「猛者」「豪傑」の他、物理・元素防御を上げる「強硬」「不屈」「頑強」「護輪」、召喚ペットを強化する「友愛」などが便利だ。

野生児

取得スキル

魔物飛び付近の敵に跳び乗り、さらに安全なマスへ飛び移る。跳び乗られた対象は確率で混乱効果を付与される
混乱の発生率は50%で、効果は2ターン持続
野生の戦いスタミナを消費して、近接攻撃時に強烈な咬みつきダメージを追加する
攻撃力の50%の物理ダメージを与える
(ターンを消費せず、オンオフの切り替えが可能)
パンスオックスの肌パッシブスキル
元素耐性の値(全元素耐性の平均値の20%)分、物理防御が上昇する
草摘みパッシブスキル
「超よゆう」以上の敵を倒した時、回復力のあるハーブをドロップする

特徴と戦い方

JPで取得できるスキルは4つだけだが、モンスターの一部の技を「見る」ことで覚えられる青魔導士のようなジョブ。
モンスターからラーニングできるスキルは範囲攻撃やデバフ攻撃、移動スキルなど豊富にあり、装備できるアクティブスキル枠だけでは足りないほどのスキルを覚えられる。
特に「カエル飛び」「サンダーストーム」「ツタ引き」「アイストラップ」辺りのスキルは使いやすい。

初期装備の爪を活かし近接主体のジョブとして運用するのであれば、筋力特化or俊敏特化で育てていきたい。
パッシブスキル2種により、意外としぶとく戦えるが、聖騎士ほどではないため、やはり何らかの壁は用意したい。
一方攻撃面は「野生の戦い」をオンにしていれば、通常攻撃のダメージもなかなかのものになるが、「野生の戦い」はスタミナがゴリゴリ減るため、常時オンにしておくよりもここぞという場面で使用した方が良い。

有用なスキルや装備品の二つ名

近接主体で行く場合、体力の消耗が激しいため、牧場のペットか、植物使いの「フロラコンダ召喚」、ソウルキーパーの「ソウルシェイド召喚」、ヒュシンの「ルーンクリスタル」のいずれかが欲しいところ。
その他のアクティブスキルは大抵モンスタースキルで賄える。

パッシブ枠としては爪の武器奥義、義賊の「闇討ち」、舞踏戦士の「無心の反撃」、武道家の「鋼の決意」、ソウルキーパーの「免疫学」などが候補となる。

装備につく二つ名は、筋力が上がる「猛者」「豪傑」、 俊敏を上げする「機敏」「軽身」 、回避を上げる「身躱」「回避」「幻影」などが便利だ。

今回の記事はあくまでジョブごとの特性に合わせた装備・スキルで戦うことを前提として書いている。
ジョブ特性を無視して「結局、ペットを連れて、俊敏上げて遠距離武器が強いよね」みたいな部分もあるが、ある程度はロールプレイングした方が楽しいんじゃないかな~と個人的には思う。
(近接主体ジョブは後半どうしても辛いけど…)

次回は少しシビアな、ジョブエンブレム取得の試練の攻略法について書いてみたい。

コメント

タイトルとURLをコピーしました