【MTGアリーナ】アルケミーのメカニズムとスタンダードと効果の違うカード一覧

MTGアリーナ

2021年12月より突然始まったMTGアリーナ限定のフォーマット、「アルケミー」
私も実装されて以降、スタンダードから移行してアルケミーばかり遊んでいる。

今回はそんなアルケミーならではメカニズムと、アルケミーで再調整されたカード一覧を紹介したい。
この記事は今後も変化があるたびに編集していく予定だ。

スポンサーリンク

アルケミー(ヒストリック)限定のメカニズム

抽出

「抽出する」とは、デッキの中から条件に当てはまるカードをランダムで手札に加える能力。

「審問官の隊長」の場合、デッキ内の3マナ以下のクリーチャーカードを2枚抽出し、そのうち1枚を選んで戦場に出すことができる。
ランダム要素が強いが、抽出する条件やデッキの組み方によってはある程度良いカードを引く確率を上げることもできるかもしれない。

創出

「創出する」とは、新たにカードを作り出し、ゲームに加える能力だ。
創出されたカードはデッキ内のカードと同じように扱われるため、クリーチャーが創出された場合、トークンクリーチャーと違い、墓地に落ちたり、追放したりもできる。

創出する場所は手札に限らず、カードによってはライブラリーに創出される場合もあり、デッキ枚数が増えてしまう点には注意が必要だ。

永久に

「○○を永久に得る」とは、カードの能力を書き換える能力。

例えば「公式発見」の場合、「手札にある土地でない全てのコストを①少なくするを永久に得る」という能力を持っているが、この能力でコストを①減らしたカードは墓地に落ちてからも、コストが①減ったままの状態になる。
リーアなどで墓地から呪文を唱えられる状態になった時もコストが①減った状態のままなので、墓地利用するカードなどと非常に相性が良い能力と言える。

ドラフトする

「○○の呪文書からドラフトする」とは、決められた15種類の呪文の中から3種類がランダムに表示され、その中の1枚を選び、手札に加えることができる能力。
選んだカードは創出と同じように実物のカードと同じに扱われる。
呪文書の中身はデッキ編集画面などで右クリックで確認できる。

提示されるカードが15枚のうちの3枚なので、必ず欲しい時に欲しいカードが手に入る訳ではないが、呪文書はどれもある程度傾向が決まっているため、呪文書の傾向とデッキのコンセプトが合っていれば「どのカードを引いてもそれなりに当たり」という状況にはしやすい。

アルケミーで再調整されたカード一覧(2021年12月現在)

ここからはアルケミーで使用すると、スタンダードと能力が違うカードを紹介する。
特にスタンダードもアルケミーもプレイする人は間違えやすいと思うので、これらのカードの変更点はきっちり覚えておこう。
強化された内容は赤文字、弱体化された内容は青文字で記載している。

光輝王の野心家 1/1 ①白

あなたの終了ステップの開始時に、あなたがコントロールしているクリーチャー1体を対象とする。それの上の+1/+1カウンター1個を置く。

あなたのターンの戦闘の開始時から終了ステップの開始時に変更。出したターンにいきなり他のクリーチャーをサイズアップして殴ることができなくなった。

ウィザード・クラス 青

あなたの手札の上限はなくなる。

レベル2 ②青
このクラスがレベル2になったとき、カード2枚を引く。

レベル3 ②青
あなたがカード1枚を引くたび、あなたがコントロールしているクリーチャー1体を対象とする。それの上に+1/+1カウンター1個を置く。

レベル3にするために必要なマナが青+4マナから2マナ減った。

デミリッチ 4/4 青青青青

この呪文を唱えるためのコストは、このターンにあなたが唱えたインスタントやソーサリーである呪文1つにつき、青少なくなる。
デミリッチが攻撃するたび、あなたの墓地にありインスタントやソーサリーであるカード最大1枚を対象とする。それを追放し、コピーする。あなたはそれのコピーを唱えても良い。
あなたはあなたの墓地にあるデミリッチを、他のコストの支払いに加えてあなたの墓地にありインスタントやソーサリーであるカード4枚を追放することで唱えても良い。

書いてある中身に変化はないが、パワー/タフネスが4/3から4/4に変化した。

アールンドの天啓 ⑤青青

このターンに続いて追加の1ターンを行う。この呪文が予顕されていたなら、飛行を持つ青の1/1の鳥・クリーチャー・トークン2体を生成する。アールンドの天啓を追放する。
予顕 ⑤青青

予顕コストが1マナ増え、予顕しないと鳥2体が出なくなった。
スタンダードで暴れていたカードだけに大幅な弱体だ。

黄金架のドラゴン 4/4 ③赤赤

飛行、速攻
黄金架のドラゴンが攻撃するたび、宝物・トークン1つを生成する。
あなたがコントロールしている宝物は「タップ
このアーティファクトを生け贄に捧げる:好きな色1色のマナ2点を加える。」を持つ。

「攻撃するか呪文の対象になるたび」の「呪文の対象になるたび」が削除。
土地をフルタップで出しても、2マナの打ち消し呪文を持っていれば除去を回避することができたが、除去に弱くなってしまった。

ドルイド・クラス ①緑

土地1つがあなたのコントロール下で戦場に出るたび、あなたは1点のライフを得る。

レベル2 ②緑
貴方の各ターンに、あなたは追加で土地1つをプレイしてもよい。

レベル3 ②緑
このクラスがレベル3になったとき、あなたがコントロールしている土地1つを対象とする。それは速攻と「このクリーチャーのパワーとタフネスは、それぞれあなたがコントロールしている土地の総数に等しい。」を持つクリーチャーになる。それは土地でもある。

レベル3にするために必要なマナが緑+4マナから2マナ減った。

エシカの戦車 4/4 ③緑

エシカの戦車が戦場に出たとき、緑の2/2の猫・クリーチャー・トークン1体を生成する。
エシカの戦車が攻撃するたび、あなたがコントロールしているトークン1つを対象とする。それのコピーであるトークン1つを生成する。
搭乗2

強化と弱体化を併せ持つ珍しいカード。
戦場に出した時のトークン生成は2体から1体になったが、搭乗は4から2になったことで、他のクリーチャーでも搭乗しやすくなっている。

世界を彫る者、ファイラス 5/5 ④赤緑

トランプル
世界を彫る者、ファイラスが戦場に出たとき、緑の0/1の植物・クリーチャー・トークンを、あなたがコントロールしている基本土地1つにつき、1体生成する。
上陸 – 土地1つがあなたのコントロール下で戦場に出るたび、あなたがコントロールしている植物1体を対象とする。それの上に+1/+1カウンター4個を置く。ターン終了時まで、それはトランプルを持つ。

上陸能力によって+1/+1カウンターを4つ置いたクリーチャーはトランプル能力も得られるように強化された。
(アルケミーでまだ使ってる人見たことないけど…)

創造の座、オムナス 4/4 ①赤緑白青

創造の座、オムナスが戦場に出たとき、占術1を行う。
上陸 – 土地が1つあなたのコントロール下で戦場に出るたび、このターンで初めてこの能力が解決されるなら、あなたは4点のライフを得る。2度目なら、赤緑白青を加える。3度目なら、創造の座、オムナスは各対戦相手とあなたがコントロールしていない各プレインズウォーカーに、それぞれ4点のダメージを与える。

スタンダードでは禁止カードとなったが、アルケミーで弱体化して復活。
1マナ重くなったことに加えて、戦場に出たときカード1枚ドローが占術1に置き換わっている。

不詳の安息地

タップ:無を加える。
氷雪×3:ターン終了時まで、不詳の安息地は警戒とすべてのクリーチャー・タイプを持つ3/3のクリーチャーになる。それは土地でもある。

スタンダードで白単や緑単などの単色デッキではほぼ入っていた土地だが、クリーチャー化した際のパワー・タフネスが4/3から3/3に引き下げられた。

星界の霊薬 ④

あなたの終了ステップの開始時に、あなたのライフ総量があなたの初期ライフ総量よりも大きいなら、カードを1枚引く。そうでないなら、あなたは2点のライフを得て、占術1を行う。

ライフを得る際にオマケで占術1が付くようになった。

コメント

タイトルとURLをコピーしました