NFT(ブロックチェーン)ゲームとは?NFTゲームの特徴と関連用語をわかりやすく解説!

NFTの予備知識

ゲームに興味があっても、NFTゲームとなると、少し調べただけで「NFT」「ブロックチェーン」「Play to earn」「GameFi」と難しい横文字ばかりが並び頭が痛くなってきます。
これだけで「あぁ、自分には無理なのね…」と思ってしまう方もいると思います。

これらの用語は調べれば調べるほどに難しく感じてきますが、NFTゲームをプレイするだけなら、ハッキリ言ってそこまで詳しく知る必要はありません!

この記事ではNFTゲームならではの特徴と共に、「NFT」「ブロックチェーン」などの用語をわかりやすく解説したいと思います。

ビリ
ビリ

私もつい最近はじめたばかりだけど、

色々勉強してみたよ!

そもそもNFTとは?

そもそもNFTゲームのNFTとはどういった意味でしょうか?
NFTとはNon-Fungible Tokenの略で、日本語では非代替性トークンと訳されます。

ビリ
ビリ

日本語にしても分からないじゃん…

それでは「非代替性」と「トークン」に分けて説明しましょう。

「非代替」の反対語、「代替」を調べると「それに見合う他のもので代えること。(出典:Weblo)」という意味になっています。

例えば、あなたが漫画を読んでいたとします。
するとコーヒーがこぼれて本がぐちゃぐちゃになってしまいました。
残念ながらその本はもう読めません。
この時、同じ漫画を書店で買い直すことができるなら、代替性のある漫画ということになります。
しかし、この漫画が友達の書いた生原稿だったら、どこを探しても買い直すことはできません。
このような世界に一つだけの替えの効かないもののことを「非代替」と言います。

一方「トークン」は「代用貨幣。代用硬貨。(出典:Weblo)と書かれています。
代用貨幣という意味だけで言えば、お金の代わりになるものであればリアルな物でもなんでも良いのですが、ここでいう代用貨幣とは、暗号資産のことを指します。

つまり、NFTとは「世界に一つだけの替えの効かない暗号資産」という意味です。

ビリ
ビリ

か、替えの効かない暗号資産だってー!

暗号資産が全てNFTという訳ではありません。
例えば、ビットコインやイーサリアムなどはお金の役割を果たす代替可能なものなので、NFTとは呼びません(ピン札でもしわくちゃでも千円札は千円札ですよね)。

NFTはアートやゲーム内アイテムなど、「これは本物である」というデジタル証明を付与したもののことを指します。

ビリ
ビリ

ここまで聞いてもピンとこない人もいると思いますが…。
要するにゲーム内のキャラクターやアイテムがNFT化するとによって

資産(=お金)になると捉えられれば大体OKです。

じゃあ、ブロックチェーンとは?

NFTゲームは「ブロックチェーンゲーム」と呼ばれることもありますが、ブロックチェーンとはどういう意味でしょうか。

難しい話は抜きにすると、ブロックチェーンとはデータベースの改ざんを非常に難しくするための技術を指します。
改ざんが難しい理由は、暗号資産を持っている、NFTゲームに参加しているユーザーがそれぞれデータベースの一部分(ブロック)を保有しており、例え一つのブロックのデータを改ざんできたとしても、他のユーザーが持っているデータベースと整合性が取れないために、その改ざんが無効化されてしまうためです。

要するにブロックチェーンとは暗号資産やNFTを正常に稼働させるための技術と捉えると分かりやすいと思います。

ビリ
ビリ

ブロックチャーン技術のおかげで、NFTゲームが作れるようになった

ってことだね。

つまり、NFT(ブロックチェーン)ゲームとは?

まずはここまでのまとめです。
上記のNFTとブロックチェーンの意味を併せるとNFTゲームとは、「改ざんされにくい技術を使って作った、世界に一つだけの替えの効かない暗号資産を作れるゲーム」ということになります。

ビリ
ビリ

分かったような、分からないような…。

ではここからは、具体的なNFTゲームの特徴をご紹介します。

ゲームをプレイしながら暗号資産を稼げる

今NFTゲームが注目されている最大の理由がコレです。
NFTゲームではゲーム内で入手した貴重なアイテムを他人に売ったり、独自の通貨(=イーサリアムなどをベースにして作られた暗号資産)を入手することで、お金を稼ぐことができます。

暗号資産を得る方法は他にも、対人戦で勝利する、NFT化したアイテムを他人に貸すなどゲームごとに様々な稼ぎ方があります。

このような「お金を稼げる」という特徴からNFTゲームはGameFi(Game(ゲーム)とFinance(金融)を組み合わせた造語)やPlay to earn(遊びながら稼ぐ)と呼ばれることもあります。

ビリ
ビリ

ゲームをするだけでお金を稼げるなんて最高じゃん!

ただ、もちろん必ず儲かるという訳ではなく、ゲーム参加者が減ってゲーム内通貨が暴落してしまったりすることもあります。
また、大抵のNFTゲームは稼ぐためには初期投資が必要で、最悪赤字で終わるリスクがあることも覚えておきましょう。

ゲームが終了しても資産が引き継げる

通常のゲームであれば、ゲーム内で入手したキャラクターやアイテム等はゲームが終了すれば全てその役目を終えてしまいます。

ビリ
ビリ

せっかく数百時間プレイしてもモンハンの装備やFFのレベル上げは

ゲームが終われば無駄だよね

しかし、NTFゲームでは、NTF化したキャラクター、アイテムはゲームが終了した後も消えることなく、資産として持っておくことができます。
そのキャラクターやアイテムは同じ会社が作った次のゲームにも引き継げる可能性があるのです。

現状ではまだ始まったばかりでアイテムを他作品に引き継ぐという例はそれほど多くないと思いますが、例えゲームが終わっても、持っておくことで資産価値が上がるものなんかも出てくるかもしれません。

チートがしにくい

オンラインゲームでは度々チーターが問題になることがあります。
データを改造して通常では絶対できないことを可能にし、特に勝ち負けのあるようなゲームではゲーム自体に深刻な悪影響を及ぼす存在です。
皆さんもイライラさせられた経験があるかもしれませんね。

ビリ
ビリ

チーター対策が上手くいかずに廃れたゲームもあったよね。

NFTゲームでは上述の通り、データの改ざんがしにくいという特徴があるため、チートがしにくい(してもすぐにバレる)と言われています。
普通にゲームを楽しみたい人からすると、チーターはいないに越したことはないので、この点もNFTゲームのメリットと言えますね。

NFTゲームは発展途上

NFTゲームのデメリットも挙げておきましょう。
デメリットはNFTゲームが発展途上で、まだまだ面白いタイトルが少ないことです。

一般の大作ゲームは言うに及ばず、ゲームと言えばガッツリプレイするもの、と思っている方にとっては放置ゲームなどが多い現在のNFTゲームはつまらないと感じるかもしれません。

ビリ
ビリ

お金を稼ぐ目的のみなら、放置ゲームの方が楽だったりもするんだけどね

ただ、NFTゲームのタイトルが充実してくれば、このような問題はすぐに解決するものと思われます。
大作のNFTゲームが発表されるのも時間の問題ですし、今後は注目度が増していくのはほぼ確実だと思います。

皆さんも体験したことがなければ、人より先にNFTゲームがどんなものか体験してみてはいかがでしょうか。

私がプレイ中のNFTゲームはこちらです↓

コメント

タイトルとURLをコピーしました