GMOコインの特徴と口座開設の流れ【口座開設方法の画像付き】

NFTの予備知識

当ブログではNFTゲームをプレイするにあたり、日本円から暗号資産に替える証券会社は、GMOコインコインチェックをオススメしています。

この記事ではGMOコインをオススメする理由と、GMOコインの口座開設手順を紹介したいと思います。

ビットコイン・暗号資産(仮想通貨)の取引ならGMOコイン | ビットコイン・暗号資産(仮想通貨)ならGMOコイン
GMOインターネットグループの暗号資産FX・売買サービス、GMOコイン。取引手数料、口座開設が無料なので手軽にビットコインを取引することができます。セキュリティ・サポート体制も充実で、いつでも安心・安全にお取引いただけます。

GMOコインの特徴

まずはじめに、私がGMOコインをオススメ理由を紹介します。

即時入金の入金手数料が無料!

GMOコインには即時入金というサービスがあります。
これは銀行からの送金が24時間365日、即時反映され、おまけに入金手数料も無料になるというサービスです。

即時入金が行える金融機関は一部に限られていますが(下表参照)、これらの金融機関の口座をお持ちの方なら使わない手はないサービスです。

即時入金に対応している金融機関

GMOあおぞらネット銀行
楽天銀行
住信SBIネット銀行
PayPay銀行
三菱UFJ銀行
三井住友銀行
みずほ銀行
りそな銀行
埼玉りそな銀行(Pay-easyでの取引)
最高入金額
1,000万円/回
最高入金額
999,999円/回

送金手数料が無料!

GMOコインは送金手数料が無料です。

NFTゲームをする場合、日本の証券会社でビットコイン等のメジャーな暗号通貨に替え、バイナンスに送金という流れが多いのですが、バイナンスへ送金する際にGMOコインなら手数料がかかりません。
私の場合は、GMOコインでビットコインを購入、バイナンスへ送金し、BNBを購入しています。

出金手数料が無料!(大口出金を除く)

GMOコインは出金手数料も無料です。

NFTゲームでせっかく稼いでも、様々な手数料で利益が目減りしてしまうのは悲しいですよね。
GMOコインは出金手数料が無料なので、手数料を最小限に抑えて日本円を出金することが可能です。

ただし、最低出金額は1万円となっています(全額出金の場合は出金額に制限なし)。
1万円以上利益が出た時に出金するか、どうしても1万円以下の少額を引き出したい場合には全額出金をしてください。

ここまでの特徴を見ても分かる通り、GMOコインは入出金や送金の手数料が安い(かからない)ことが最大のメリットとなります。
取引や入出金等で手数料が取られがちなNFTゲームでは、どれだけ手数料を減らせるかがカギとなます。
その点GMOコインは非常に便利な証券会社と言えるのではないでしょうか。

口座開設の手順

続いてはGMOコインの口座開設の手順を紹介したいと思います。
他の証券会社の口座開設とほぼ同じような流れですが、初めて口座開設する方にとっては、少し難しく感じる部分もあるかもしれません。

この記事では画像付きで紹介していきますので、是非参考にしてみてください。

口座開設に必要なもの

口座開設をする前に、必要な物を揃えておきましょう。
必要になるのは、以下の3つのものです。

  • メールアドレス
  • スマートフォン
  • 本人確認用書類(運転免許証・マイナンバーカード・パスポートなど)

本人確認用書類は「かんたん本人確認」で行う場合どれか1つで良いですが、「画像アップロード」では2点必要になります。

公式サイトへアクセス

必要なものが揃いましたら公式サイトへアクセスしましょう。

ビットコイン・暗号資産(仮想通貨)の取引ならGMOコイン | ビットコイン・暗号資産(仮想通貨)ならGMOコイン
GMOインターネットグループの暗号資産FX・売買サービス、GMOコイン。取引手数料、口座開設が無料なので手軽にビットコインを取引することができます。セキュリティ・サポート体制も充実で、いつでも安心・安全にお取引いただけます。

画面右上にある「口座開設」をクリックします。

メールアドレスを登録し認証

口座開設ボタンをクリックすると、口座の種類の選択とメールアドレスの入力を求められます。
(FacebookやGoogleのアカウントでも登録できますが、今回はメールアドレスによる登録方法で進めます。)

個人・法人のどちらかにチェックを入れ(NFTゲームをプレイする目的であれば基本的に個人になると思います)、メールアドレスを入力、「私はロボットではありません」をチェックして、口座を開設するボタンをクリックしてください。

登録後、すぐにGMOコインよりメールアドレスに上記のようなメールが届きます。
メール内のリンクをクリックし、次のステップに進んでください。

パスワードの設定

メールアドレスのリンクをクリックすると、上記のような画面になります。
ここではログイン時に使用するパスワードを設定します。
お金に関するパスワードなので、なるべく強度の高いパスワードを設定しましょう。

パスワードを上下の欄に記入し、「設定する」をクリックします。

電話番号の認証

次に電話番号の認証画面になります。
スマホートフォンの電話番号を記入し、「コードを送信」をクリックしてください。

スマートフォンのSMSに上記のようなメッセージが届くので、切り替わった画面に6桁の数字を入力して認証してください。

個人情報&口座開設目的の入力

電話番号の認証を終えると、続いてお客様情報の登録画面になります。
名前、生年月日などの必要事項を記入し、国籍・米国納税義務者の有無、外国の重要な公人かどうかのチェックをつけ、「次へ」をクリックしてください。

続いてお取引に関する情報の登録画面になります。
ここでは職業や金融資産、口座開設目的についての質問に答えていきます。
結構多いですが、設問に正直に答えていけばOKです。

「利用する取引」はNFTゲームだけが目的であれば現物取引のみでOKですが、暗号資産のレバレッジ取引も行う予定であれば、現物・レバレッジ取引にチェックを入れてください。

全ての項目を記入 or チェックしたら、「確認画面へ」をクリックし、上記の画面で利用規約等の書類を確認の上、3つの項目にチェックを入れて登録します。

本人確認

長くなってきましたが、次の手順が最後になるのであと少し頑張りましょう。
最後は本人確認の手続きです。

本人確認書類の提出方法は、「かんたん本人確認」と「画像アップロード」の2種類の方法があります。
かんたん本人確認はスマートフォンアプリで本人と確認書類を撮影し、送信する方法です。
こちらを選択して上手く写真撮影ができれば即日口座開設できますが、私は別の会社の口座開設の際に、なかなか上手くいかなかったので、「画像アップロード」を選択しました。

画像アップロードでは運転免許証やマイナンバーカード、パスポートなどの本人確認書類2点の画像をアップロードし、送信する方法です。
画像はスマホで撮影したものでOKですが、書類がしっかり見えるように撮影してください。

書類2点の表裏の両面画像をアップロードし、画像が問題なければ、数日中に口座開設が完了となり、取引ができるようになります。
お疲れさまでした。

コメント

タイトルとURLをコピーしました