NFTゲームに必須!MetaMask(メタマスク)のインストールと使い方!

NFTの予備知識

今回はNFTゲームで必須とも言える、仮想通貨ウォレット「MetaMask(メタマスク)」の使い方を紹介します。
初めてNFTゲームに挑戦する!という人はこの記事を見ながら、導入にチャレンジしてみてください。

MetaMask(メタマスク)とは?

MetaMaskはイーサリアムのブロックチェーンに対応した暗号資産ウォレットです。

ウォレットとはその名の通り、財布のこと。
現金の場合、ATMで引き出して財布にしまい、買い物をする時に財布から出して支払いますよね。
ウォレットの役割もこれと同じで、取引所から出金した暗号資産をウォレットに保存しておくことができ、買い物をする時にはウォレットから自動で必要分の暗号資産が引き落とされます。

イーサリアム(ETH)とはビットコインに次ぐ取引量を誇る仮想通貨です。
「スマートコントラクト」という契約の自動化機能を備えており、NFTゲームではイーサリアムをベースにした仮想通貨が多く使用されています。

ビリ
ビリ

だからNFTゲームにMetaMaskが必須なんだね!

一方でMetaMaskではビットコイン(BTC)をはじめ、対応していない仮想通貨もあり、これらの通貨はMetaMaskで保存することはできません。

MetaMaskのインストール

MetaMaskはGoogle Chormeの拡張機能としてインストールするのが一般的です。
(他にもFirefox、Brave、Edgeなどのブラウザも対応しているようですが、私は使っていないのでよく分かりません。)

Google Chormeをインストールしていない方はまずこちらからダウンロード&インストールしてください。

Google Chrome - Google の高速で安全なブラウザをダウンロード
新しい Google Chrome で毎日をもっと快適に。Google の最先端技術を搭載し、さらにシンプル、安全、高速になった Chrome をダウンロードしてご活用ください。

MetaMaskのインストールはこちらの公式サイトから。

The crypto wallet for Defi, Web3 Dapps and NFTs | MetaMask
A safe crypto wallet for digital tokens & NFTs. Join the blockchain and DeFi world.

まず「Download now」をクリックします。

「Install MetaMask for Chorme」をクリックします。

chrome ウェブストアが開くので、右上の「Chormeに追加」ボタンをクリックすれば、拡張機能のインストールが完了です。

インストールしたMetaMaskはChormeの右上にあるパズルのようなマークをクリックし、MetaMaskをクリックすると表示されます。

インストールしたら「ウォレットを作成」をクリックし、パスワードを設定しましょう。
これで一応使い始めることが可能ですが、リカバリーフレーズの設定も一緒にやっておくといいです。
(MetaMaskの下にやり方が表示されるので、それに従って進めてください。)

最初に設定するパスワード、リカバリーフレーズはくれぐれも紛失したり、他人に見せたりしないようにしてください。
紛失するとウォレット内の資産が使えなくなりますし、他人に教えるとウォレット内の通貨が盗まれる危険があります。

MetaMaskの使い方

ここからはMetaMaskの具体的な使い方について解説します。

取引所からの入金

暗号通貨取引所からMetaMaskへ入金するには、まずMetaMaskを開いてください。

Accountと書かれているところにマウスを合わせると、クリップボードへアドレスをコピーできます。

取引所で出金手続きを行う際に、MetaMaskからコピーしたものをアドレス欄に貼り付けます。
(画像はバイナンスの例です)

※ネットワーク欄は出金する通貨によって異なり、またネットワークによって手数料も異なります。

出金を実行し、しばらく待つとMetaMaskに入金が反映されます。

ネットワーク・トークンの追加

ただし、初期状態のMetaMaskではイーサリアムの入金しか確認できない状態になっています。
(入金はされているけど、確認できない状態になっています。)

BNBなどイーサリアム以外の通貨を確認するためには、ネットワークの追加、トークンの追加をする必要があります。
以下ではNFTゲームで特に利用頻度の高そうなBSCネットワークの追加を例に解説します。

MetaMaskを開いて上の「イーサリアムメインネット」をクリックすると「ネットワークの追加」があるので、クリック。

ネットワークの設定画面が表示されたら以下の通り入力してください。

ネットワーク名:BSC Mainnet
新しいRPC URL:https://bsc-dataseed1.binance.org/
チェーンID:56
通貨記号:BNB
ブロックエクスプローラーのURL:https://bscscan.com/

最後に保存をクリックすると、「イーサリアムメインネット」の他に「BSC Mainnet」が選択できるようになり、ネットワークを切り替えることでBNBが確認できるようになります。

同じネットワーク内の別のトークンを追加する場合の方法も併せて紹介します。

今回は「Titan Hunters」のTITAを追加してみます。
まずはMetaMaskを開いてネットワークを「BSC Mainnet」にした状態で、一番下の「トークンをインポート」をクリックします。

続いて以下のサイトに飛び、↑の画像部分にあるアドレスをコピーしてください。

Titan Hunters(TITA)価格・チャート・時価総額 | CoinMarketCap
最新のTitan Hunters(TITA)価格、時価総額、取引可能な通貨ペア、チャート、データを世界No.1の仮想通貨価格追跡ウェブサイトから入手しましょう。

アドレスをトークンコントラクトアドレス欄に貼り付けると、自動でトークンシンボル(=TITA)、トークンの少数桁数(=18)が表示されます。
「カスタムトークンを追加」をクリックすると、TITAがBNBの下に表示されるようになります。

取引所への出金

MetaMaskにある暗号資産を取引所に送金するには、まず送金したい取引所にログインし、暗号資産の入金画面を開きます。
(今回は例としてバイナンスへBNBを送金する設定です)

通貨「BNB」ネットワーク「BSC」を選択すると、アドレスが表示されるので、アドレスをコピーしてください。

MetaMaskを開き「送金」をクリック。

送金先アドレスにコピーしたものを貼り付け、「次へ」をクリック。
次の画面で「確認」をクリックすると、送金手続きは完了です。

ビリ
ビリ

サイトとのウォレット紐づけや暗号通貨での買い物時には、

MetaMaskが勝手に立ち上がるから特に難しいことはないよ。

でも、怪しげなサイトは「承認」ボタンをクリックしないように気を付けようね。

コメント

タイトルとURLをコピーしました